2017年03月31日

モノからヒト

連日 引越しのトラックを見かけない日はない。

荷台の荷物の量や大きさで、所帯か単身かわかるもの。

ゴルフセットなどあると、接待やらで休日もままならないであろう。
サラリーマン時代、社長から中古のゴルフセットを頂いたことがあるが、もうゴルフどころか親の介護に私生活を費やしていたので、玄関先の置物と化してしまった。

正直、球技はどんくさく、ゴルフの情熱もなかったので、接待ゴルフで時間を費やしたり、たかが趣味で熱くなったり、中途ハンパにかぶれることがなくてよかった。

荷台にトレーニングマシーンを目にすると、ほとんど突発的な情熱で購入して、今じゃ室内の物干し竿になっているだろうし、楽器も数か月後には、部屋のお飾りになるのが大半であろう。
昔から、男が欲しがるモノは、ムダに大きく場所をとるからね。

若いころ、上京する度に布団だけ宅急便で送り、あとは手荷物だけで移動をするほどシンプルだった。
今や 「断捨離」 だから、日常頻度が低い消費財、家電品は持たないので、その生活は身軽である。
たまるのは本ぐらいで、それだってかわいい量だし、洋服も消耗品だから、昔ほどこだわりはない。

執着するモノなんて、男にはそうそうないし、モノは捨てても、記憶は残るものだ。

こう書くと、まるで過去がないように思われるが、思い出の品は別にして、これからはモノからヒトだよ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする