2017年03月09日

成熟退職

7日 まだ浅い時間、東京在住の幼なじみから電話があった。

30年以上勤めた、会社を辞めるという。

リタイヤするには、早すぎるので、友人として 「先のことは、決まってるのか」 心配したが、感情だけで物事を決める年齢でもなく、早期退職制度や次のステージなど、よくよくの考えがあってのことだろうし、要は切り換えたモン勝ちだ。

ボクら世代、経験上の自信や知恵はあると思う。
だけど、どんなに会社へ尽くしても、必ず終わりは来るんだし、どこかで辞める決心をもっておかないと、そのときが来て、あたふたしてしまう。

そうならないためにも 「成熟して辞める」 のが、理想的だし、会社を辞めても叶わない目標は持たず 
「人間は、もっと楽しむために、生きているんじゃないか」 と思える。

4月の週末を利用して、新潟へ遊びに来るという。

日曜の夜、サシで飲みながら、詳しい話は聞かされると思うが、ここまでくれば、成熟退職であろう。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする