2017年01月26日

素っ頓狂

新聞の社会面に、こんな記事が載っていた。

会員制交流サイト (SNS) で、他人の幸せそうな写真 (記事) を見て 「イヤな気分」 になる人が、半数以上いるとの調査結果が報告されていた。
しかも、友人申請を削除されたり、反応がないのを気にしたり、門戸を開けながら、施錠しているようで、これじゃ、まるで 「気楽さがアダになる」 ようなもんだ。

ボクは、SNSはしない。
その風潮を見てると、だれと知り合って、なにを交流したいのか、そもそもの意味がさっぱりわからん。
じゃあ、仮に知り合って、仲よくなったとしよう。
そこで、何かしらの格差を感じたら、ネガティブな感情がおきるわけ ?

それって、私よりもいい家に住んで、いい車に乗って、いいモノを食べていることを知って、そこでまた、自分との生活を比べて、必要以上に嫉妬深くなるの‥  バカじゃん。

こうは、考えられないかな。
SNS上、豊かそうに見えても、たいそうな見栄で、その印象を維持するのが大変だったりする。
もしかしたら、気軽に飲みに出かけられないほど、カツカツな状態の裏返しかも知れない。
一点豪華主義と同じで、いい車を買ったら、メインストリートを走りたがる心理である。

大切なことは、自分はどういうことで幸せを感じたり、満足感を得たり、基準となるモノサシがないから、いつまでも他人の生活ぶりを見て、ネガティブな感情を繰り返すのは、コレ、あたりまえのことだろう。

それに、SNSの交流はカンタンだけど、ストレスもうけやすい。
都合のいいときは参加して、都合が悪くなれば保留 (無視) できる、躁鬱 (そううつ) 気質がある。
だから、そういうことにはまりすぎると、他人には敏感だが、自分は鈍感で、自我が崩壊してくると思う。
「たまには、外で遊んでこいよ」  こう言いたくなるのは、ボクらの世代なんだ。

まあ、便利には違いないが、相手を大切にしたければ、人間関係の 「基本は正面」 から。
相手の状況をおもんばかればこそ、思いやりのメールだったりするが、そうじゃない限り、いつまでも 「素っ頓狂」 (すっとんきょう) な、つきあいなんてしないよ。
要するに、使い方 見方 考え方 なんだろうね。

生身のつきあいをしていれば、おもちゃを相手に、疎外感に襲われることなんてないから。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする