2016年11月28日

SPARK

鍵盤に全身全霊を傾ける、彼女の本領を感じた。

27日 新潟県民会館 11列目の右寄りの席で 「上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト」 JAPAN TOUR 2016 を聴いてきた。

この日のために、今回のツアーアルバム 「SPARK」 は、かなり聴きこんだので、フリーフォームでのアレンジは、より堪能できた。

彼女は、ひとつのオリジナルジャンルで、ナンバーワンにして、オンリーワン。
ジャズを土台にして、さまざまなジャンルを交じえたワールドミュージックは、まるで 「広大な宇宙」 を作り上げていくようだった。

ステージングも抜群で、ジェットエンジンを搭載したかのように、急発進できるし、急停止させたり、音を敷き詰めて、ためにためた状態でバーンと一気に弾けさせたり、観客の 「ノセかた」 「ノセどころ」 をわかっている。

そして、はち切れんばかりの笑顔は、そこに太陽があるような存在感があった。

もう少し書こう。

1セット終了の休憩時間、調律師が音の基準となる 「ラ」 の音を叩いて整調していた。
少し高めで、澄んだ伸びやかなトーンながら、常人にはわからない、誤差の範囲をとらえている。
外は雨だから、湿気で音が変わるとも言うし、秋冬の乾燥シーズンは、特に注意が必要だし、あれだけ速弾きすれば、微妙な調整が必要になろう。

トリオは演奏スペースが広いから、各パートの引き出しが多くないともたない。
ハイスピードにして、ハイスパートな演奏で、立ち止まって考えている暇なく、瞬間と瞬間を 「ビシッ」 と決めてノリ飛ばす、グルーヴ感はハンパじゃなかったね。
聴いていて、世界のマーケットを意識している、そんな音楽だった。

ファイナルは、エキサイティングなオリジナルナンバー 「イン・ア・トランス」
このトリオを特徴づける、リズムのタメがカッコよく、彼女の真骨頂が満載のナンバーである。
アンコールは、館内の緊張感をほぐすような、日本人が手拍子を入れやすいミディアムナンバー。
その表情は、終始見事なコントラストを放つ、少女を思わせるような太陽アートがあった。

前日の岐阜公演から 「乗りうち」 (直接、会場入りすること) で、かなり疲れていると思う。
ワールドツアーを繰り返す、彼女はこの日、新潟の夜空の下で体を休めて、また朝には次の公演地へ向かうんだから、音楽への情熱は計り知れないものがある。

公演日が、日曜の夜にあたると、気分的にうれしいね。
詳しいことは、止まり木で、ボソボソと話そうよ (笑)

http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/254309648.html ( Hiromi Uehara (P) )
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/454577072.html ( Jazz Talk Vol.84 )

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする