2016年10月08日

秋の気分

心象的に、秋は寂しい。

これから先、日暮れの早さや肌寒さに影響され、枯葉が舞い散るようになると余計感じるだろう。
秋は失恋も多いらしいが、知らず知らずのうちに、そんな気分にさせられてしまうのであろうか。

初めて失恋したのは、高校一年の秋も11月。
フラれた理由は 「卒業する先輩に思い出を作りたい」 とかで、秋の寂しさに酔いしれ、周りを見渡すとクリスマスや卒業シーズンに心機一転 「ラブ・チャンネル」 を合わせに行くんだよな。

抵抗的に 「おまえはユーミンか、それとも松田聖子か」 とツッコみたくなる。
逆に、男が失恋に酔うのは、山下達郎の名曲 「クリスマスイブ」 に代表されるように、時は冬になると 「おまえは、オフコースか」 とハリセンをくらわしたくなる。

青春の失恋は思い出になるけど、結婚適齢期にもなると 「サヨナラ青春」 では済まないからね。
秋冬の雰囲気は男女を惑わすが、甘酸っぱい思い出は若い時だけで、大人になると痛みだけが残る。

秋の気分に、惑わされてはいけない。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする