2016年08月18日

協調精神

「和をもって尊しとなす」  聖徳太子の言葉である。

連日、リオ五輪では、卓球に体操、シンクロにバトミントンなど、個人競技でありながら、団体戦 (ペア) でも、結果を出してることから、協調的スタイルは、日本人が最も得意とする 「和の精神」 であろう。

ゆえに 「両刃の剣」 で、一度ひびが入るとおいそれと関係を元に戻すのがむずかしくなり、その場合、双方の結びつきを修復できる、リーダーやメンターの存在が重要となってくる。

その役目を果たしたのが、卓球女子団体銅メダリスト 「福原 愛」 だろう。
彼女は友情を分かち合い、感情を声に出して、自分の在りかを示した。

石川や伊藤にとって 「この人を思い出すと涙が込み上げてきそうな存在」 のひとりだろうし、単独より3人が組み合わさったときのほうが、存分に力を発揮できたと思える。

それに 「昨日の敵は今日の友」 ぐらいになれないと、団体戦は結果を出せないものだ。
そうなると勝負は、テクニカルな面に加え、メンタル面が影響を及ぼすスポーツなのであろう。

「あのとき、助けてもらった」 「今度は、あの人のため、何か力になりたい」
そんな思いが交わりあい、お互いの間には、深い友情ができあがっていることもあるからね。

最近、解散宣言をした 「スマップ」 にしても、おいおいの変化は仕方あるまいが、女性マネージャーの存在を失ったことで、さらなる亀裂が生じていたことは、否めないようである。

だいたい仲違いとは、情緒的なことの方が大きい。
家庭で内輪もめばかり起こしていれば、その家庭は成り立たなくなるのと同じで、グループやメンバーは 「今、どういう状態なのか‥」 定期検診をしておく必要もあろう。

それにチームワークは天気と似ており、普段は少しぐずついた天気でも良しとしておかないと、息苦しくなるから、肝心なときは一致団結して晴天となり、これが猛吹雪ばかり続くようだと解散せざる得ない。
何だか面倒くさいことだけど、それができなきゃ、安易にチームなんて組むものではないと思う。

ひとえにチームワークと言っても、いろんな形があるけれど、それぞれの人生観が違う他人の集まりだ。
そこを意識しておかないと、すぐ 「だまされた」 って話になるから、最初の年齢では考えられなくても、途中の年齢でどう考えて行動をしたのか、大切なプロセスじゃないのかな。

みんなチームワークを話題にするが、じゃあ、悪くなったときどうするか‥  だれも答えられないんだ。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする