2016年08月11日

武士の情け

連夜、熱戦が繰り広げられている、リオ五輪の柔道も残すところ、あと2階級となった。

発祥は日本だから、各国から実績的にマークされるし、判官びいきもされやすい。
また、外国人選手はポイントを奪うと偽装技を駆使して、判定で逃げようとする傾向がある。
その点、日本人選手は一本にこだわる柔道をつらぬき、積極果敢に攻める姿勢は世界に誇れる。

男子71キロ級、オール一本勝ちで金メダルを手にした 「大野将平」 には好感を持った。
彼は常に、畳を降りるまで冷静で、勝ち名乗りを受けても、その場ではムダにはしゃがない。
男子66キロ級、銅メダル 「海老沼 匠」 にも通じる、凛とした姿勢がいい。

勝利者インタビューで、その心境をこう答えていた。
「まだ、目の前に相手がいますので‥ (敗者に失礼にあたる)」
メンタル面も含めて、強い選手は相手を見ている (相手から目を離さない) んだ。

それに、負けて足元に倒れている相手を、勝ったからと上から見下ろすような真似はしない。
外国人の中には、自分だけの勝利と錯覚して、礼すらまともにせず、審判から注意された選手もいた。

一時に歓喜するのは、人間の発露だから理解できる。
しかし、冷静さを必要とする場面で、タチの悪いパフォーマンスに興じる姿は幼稚に思えるし、あれこそレッドカードもんだよな。

それは、社会や親が多少でも 「こうあるべし」 と言い切らず、常に 「自分の気持ちだけを大切に」  育てたから、あたりまえの形式を無視するようになり、そのくせ、プライドだけは一人前になるんだ。

それをだよ、インタビューでは歯の浮くようなセリフを用意していたり、短い流行語を取り上げる以前に、 大野将平が見せた 「柔道のあるべき姿」 を取り上げるべきで、若干24歳の硬派なコメントと胆力ある態度のほうが、武道の精神 「情け」 も知らなきゃいけない、日本人にガツンと響く名言だった。

ボク、この人のファンになっちゃいました。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする