2016年07月06日

たまご

近場のスーパーが、特売日となる火曜日‥  主婦はこれを 「火曜市」 と呼ぶ。

客のお目当は、夕方4時からの 「たまごのタイムサービス」 だろう。
それが終わるとレジが大行列になるので、このあたりの流れは外して買い物を楽しんでいる。

たまごは1人1パックと数に限りがあるので、いつもは夫婦で2パックながら、この日はボクひとり。
特売は残っていたら買う程度だが、青果売場でのんびりし過ぎて、4時半の時点で辛うじて手にできた。
妻いわく、優先は特売のたまごからで、それからゆっくり買い物をする教えをすっかりと忘れてしまった。

たまごの消費量が多いわが家。
ボクが朝の晩酌の〆に、たまごかけご飯をよく食べるからだ。
それもご飯の上に2個割り、醤油を垂らしてかきこむ。
トッピングは、キムチや納豆、めかぶや鮭のほぐしなど、冷蔵庫の余りモノを豪快にぶっかける。

生たまごが味噌汁の役割を果たし、ひとりで食べるときは、根っからの体育会系 「男飯」 だ。
だからご飯をのど元を通りやすくできる、トロトロにネバネバなど、オトマトペ (擬音語) を使えるような食材を好んでしまうので、生たまごの消費は早いのである。

他にスコッチドエッグ、たまごコロッケ、たまごサラダ、厚焼きたまご、タルタルソースなど、お子ちゃま風リクエストに応えてくれる、妻には感謝している。

生活に密着した地元スーパーだが、今月15日から21日まで改装工事に入るため、休業期間となる。
その間、どこのスーパーへ行こうか、新聞の折込チラシからは、目が離せない日が続くであろう。

早速、買い物兼用の自転車をメンテナンスしなければ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする