2016年07月08日

里村明衣子

先週土曜、新潟市体育館で、新潟市出身の女子プロレスラー 「里村明衣子」 率いるプロレス団体 「センダイガールズ」 の自主興行が開催された。

6日の地元新聞によると、メインイベントで挑戦者 「紫雷イオ」 を、得意の投げ技3連発で仕留めて、里村はチャンピオンの王座を守ったという。

プロレス好きのボクは、今回のシリーズは週末に重なったため、観戦にはいけなかったのだが、去年は日曜が開催日だったので、彼女たちの強さと華やかさを目の当たりにすることができた。

そのフィニッシュホールドになった投げ技3連発に、彼女の軌跡を垣間見ることができる。
プロフィールによると、3歳で柔道を習い、道場は今も新潟市中央区の下町地区 (附船町) にある 「北部柔道クラブ」 の道場生だったことを公言していた。

ボクと同じ道場出身ながら、15の年齢差だから面識もないのだが、人を介した噂だけは伝わってきた。
あの頃、一般の部で練習していた数時間前まで、当時3歳の彼女は道場の片隅で、受身の練習をしていたと思われるが、まだ男の競技だったから、同性の練習相手には恵まれなかったんじゃないかな。

後に母校の黒埼中学に女子柔道部を設立し、大会で結果を出したことも大きな自信となり、単身中卒で 「長与千種」 率いる 「ガイヤジャパン」 の第1期生に合格したんだから、素質は太鼓判を押せようし、プロの練習にも耐え抜いた、見上げた根性の持ち主である。

それに、純粋な年齢だったからこそ、後に大きく羽ばたけたんだと思う。
普通は高校に進学して、柔道の投げ技、絞め技、関節技を覚えると、プロレスの矛盾がわかり、素直であるがゆえに、斜めから見るようになるんだけどね。

まあ、あらためて、あの道場にはいろんな素質が入り混じっており、そんな大器の片鱗が道場の片隅にいたことを知ると、今はかかわってなくても、道場出身者としては喜ばしい功績のひとつである。
それが今では、女子プロレス界のトップレスラーなんだから、過去に必然性を感じずにはいられない。

里村明衣子の必殺技に、柔道殺法 「雪崩十字」 (腕ひしぎ逆十字固め) がある  Hey Give Up !
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

七夕短冊

今日 7月7日は、七夕である。

七夕の夜、短冊に願いを書いて笹の葉に飾ると、その願いが叶う言い伝えがあるが、本当は書道の 腕前を上達させるための寺小屋教育の一環だったとか。

ボクが教わったのは、夜空に流れる天の川をはさんで、年に一度だけ 「ひこぼし」 と 「おりひめ」 が会えるチャンスをむかえるが、晴天な夜空でないと二人の想いは成就しないとか、ロマンチックな物語を聞かされたけど、今夜の夜空では会えないかもね。

無論、子ども心で信じたわけでもないが、今の時代はどうあがいても男と女の出会いはないはずはなく異性の存在に気がつかないのか、それとも出会いを活かしきれていないだけであってさ。
だけど七夕伝説に遊び心を抱ける人は、きっと魅力的になるための努力は怠ってないんだろうな。

短冊に話を戻せば、どんな願いを書くであろうか。
今は、少し願う姿勢が変わってきて、自分以上にだれかに想いをはせて、丹念こめて願いを綴るようになるのは、それまでの経験が少しずつ煩悩を断つからじゃないかな。

もし短冊の願いが叶い、宝くじで有り余る大金を手に入れたとしても、これからの余生で豪邸や高級車、ブランドを身にまとい、可愛いおねえちゃんをはべらせていいモン食って、酒池肉林なんて思わない。
仮に、夢の生活環境を手にしても、自分の分際は自分がよく知っているから、絶対に浮いちゃうもん。

実際、短冊に願いを書くことはないが、もし書くとすれば、家族の幸せや健康祈願、闘病中の友人への想いなど、次第に視点を変えた願いにおちついてくるし 「私だけの欲」 が少なくなってくるんだ。
コレ、大切なことでさ、私利私欲は人相に現れると言われるのは、真実をついているような気がする。

経験にもよるが、晩年ほど、粋と不粋の違いが分かるようになるだろう。
御年67歳のお客さんから、この2年ほどで 「禅問答的な心の持ち方」 を学ばせてもらった。

人は人の中でしか生きられない、もう自分よりも人のことを短冊に描きたいね。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

たまご

近場のスーパーが、特売日となる火曜日‥  主婦はこれを 「火曜市」 と呼ぶ。

客のお目当は、夕方4時からの 「たまごのタイムサービス」 だろう。
それが終わるとレジが大行列になるので、このあたりの流れは外して買い物を楽しんでいる。

たまごは1人1パックと数に限りがあるので、いつもは夫婦で2パックながら、この日はボクひとり。
特売は残っていたら買う程度だが、青果売場でのんびりし過ぎて、4時半の時点で辛うじて手にできた。
妻いわく、優先は特売のたまごからで、それからゆっくり買い物をする教えをすっかりと忘れてしまった。

たまごの消費量が多いわが家。
ボクが朝の晩酌の〆に、たまごかけご飯をよく食べるからだ。
それもご飯の上に2個割り、醤油を垂らしてかきこむ。
トッピングは、キムチや納豆、めかぶや鮭のほぐしなど、冷蔵庫の余りモノを豪快にぶっかける。

生たまごが味噌汁の役割を果たし、ひとりで食べるときは、根っからの体育会系 「男飯」 だ。
だからご飯をのど元を通りやすくできる、トロトロにネバネバなど、オトマトペ (擬音語) を使えるような食材を好んでしまうので、生たまごの消費は早いのである。

他にスコッチドエッグ、たまごコロッケ、たまごサラダ、厚焼きたまご、タルタルソースなど、お子ちゃま風リクエストに応えてくれる、妻には感謝している。

生活に密着した地元スーパーだが、今月15日から21日まで改装工事に入るため、休業期間となる。
その間、どこのスーパーへ行こうか、新聞の折込チラシからは、目が離せない日が続くであろう。

早速、買い物兼用の自転車をメンテナンスしなければ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

無題雑記 47

涼しい日が続いている。

梅雨明けすれば、ジメジメから開放されるが、今度はあのギラギラした太陽が全身を照りつける。
どの道、ホワイトバランスが崩れたような、真夏は避けては通れない。

開店前に用事がてら、Mちゃんから本格的なアイスコーヒーの差し入れを頂いた。
深夜仕立てのわが身 (生活サイクル) を気遣い 「おぬし、わかるな‥」 そんな心境になった。

職業冥利に尽きるが、お客さんから差し入れやお土産を頂戴することがあり、皆でおすそ分けするときもあれば、自分だけの食指にさせてもらうときもある。

こうして、プチグルメになっていくのだが、既婚なので家に帰れば食事の支度は出来ている。
世間のイメージを借りれば、バーテンダー (マスター稼業) は、男やもめの印象があるらしく、食事は店の隅でかきこむ姿が浮かぶらしい。

そのため、牛丼の差し入れが多く、サッと口に入れられるモノとしては、餃子やのり巻きなど、手軽さがウケて、一緒にビールやウイスキーのソーダ割りを飲みたくなるが、閉店後の楽しみに残したりする。

5月、女性の常連客であるSさんたちから、手羽先とおにぎりを差し入れに頂いた。
そのお店は東区で、彼女のお兄さんが 「鳥の専門店」 として長年営んでおり、その道の職人だけあり甘辛の調合が美味しく、日曜も営業していることから、自然な流れが生じ、男女6人でのれんを押した。

もちろん、お店には敬意を払った上、目的は料理や酒だけを飲みに行くのではない。
これまでのコミュニケーションを考えれば、自然な流れになるものだ。

そこでは家庭や仕事の愚痴、ただ気分を吐き出すための会話はなく 「また、明日から、がんばろうや」 そんなあたりまえの気持ちになれることが、コミュニケーションの真意なんだろうね。

日曜の夜は、多くの人が明日からはじまる仕事に、ため息を漏らす。
ボクもサラリーマンだったから、よくわかる心境ながら、公私のコミュニケーションが上手く図れていれば極端な気分に陥らないし、月曜の朝に機嫌よく仕事ができる人は、公私の人間関係が円滑だと思える。

二次会を含めて完全解散したのは、午前0時の南万代で、全員50代、いい顔して別れた‥ と思う ?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

ハスラー2

1950年代生まれは、ボウリングが上手くて、1970年代生まれは、ダーツが上手かったりする。

では、1960年代生まれは、プールバーに代表されたように、ビリヤードが上手い連中が多い。

ゲームは、ナインボール。
ブレークショットで、球の散り方によっては、マスワリ (全部の球を番号順にノーミスでとりきること) も、そんなに珍しい光景ではなかった。

ビリヤードの難しさは、最初のブレークショット以外、同じ球の配置がないこと。
したがって、的球 (カラーボール) をポケットに落として、手球 (白球) を、いかに次の的球の近くにコントロールできるかが、腕の見せ所になる、二元化のゲームである。

そのためには、押し球や引き球、ストップショットに右上でひねって、力加減はこのくらいで、クッションを使ってなど、理数系のゲーム展開となる。
そして、最後は 9 (ナインボール) をポケットに沈めた方が勝ちだ。

そんなビリヤードは、スポーツ球技として身につけるか、酒場のナンパ目的か、それともお遊びなのか、用途は割れるところだが 「ハスラー」 (賭け球) として、小遣い稼ぎしていた奴もいた。
このあたり、麻雀と似ていて、下手を装って相手を油断させてから、徐々に本領を発揮する流れだ。

ボクはアダムのキューを持っていたが、特別にハマったタイプでなく、プロのプレイに見ごたえを求める観戦者に過ぎず、今ならカーリングのように、静かな知性を燃やすゲームが魅力的に思えた。
それにバドワイザーをラッパ飲みしながら、カラーボールを撞く若者たちの姿は時代に映えた。

今は気軽にビリヤードをしたくても、遊技場の経済効率が悪いから、どこもテーブルは置いてない。
あったとしても、たまにお店の片隅で見かける、だれも弾かない調律もされてない、古びたピアノ扱いになっており、テーブルバランスや用具のメンテナンスはされていないだろう。

当時の若者たちをビリヤードに熱狂させた映画こそが、トム・クルーズ主演 「ハスラー2」 (1986)
主演同じく、カクテルバーが流行ったのも、映画 「カクテル」 の影響で、ビリヤードとバーを融合した トレンドが 「プールバー」 で、ディスコダンスも達者なモンだし、最も夜の遊びを知る世代かもね。

ハッキリしているのは。つまらんおやじにはなりたくないわけよ。
http://jazzbar-gig.seesaa.net/article/368336912.html?1555059263 ( 9 Ball )

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cinema Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

2016 July

ジャズとウイスキーを愉しみ、大人の時間をくつろぐ隠れ家

< 7月 定休日 >  3日 (日) 10日 (日) 18日 (月) 24日 (日) 31日 (日)
※ 17日 (日) は、営業いたします。

住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話     025−247−1644
営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日    日 曜  
客席数    カウンター10席  ボックス席あり (電話予約をお勧めします)

 取扱いメニューの一部をご紹介いたします

 【チャージ】  ¥600 

 【ビール】 ・ハートランド ・クワーズ ・コロナ ・ギネス ・シメイ ・デュベル ・ヒューガルデン 他

 【アイラ】 ・ラフロイグ ・カリラ ・ブナハーブン ・アードベック ・ラガヴーリン ・ポートシャーロット 他

 【スペイサイド】 ・クラガンモア ・マッカラン ・グレングラント ・ロイヤルロッホナガー ・ダルモア 他 

 【ハイランド】 ・グレンモーレンジ ・タリスカー ・オーバン ・スキャパ ・グレンドロナック 他

 【ローランド】 ・オーヘントッシャン ・トバモリー ・グレンキンチー ・レダング 他

 【キャンベルタウン】 ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン ・ロングロウ 他

 【スコッチ】 ・デュワーズ ・シーバスリーガル ・バランタイン ・オールドパー ・グラント 他

 【アイリッシュ】 ・ブッシュミルズ ・ジェイムソン ・カネマラ ・ターコネル ・ダニーボーイ 他

 【バーボン】 ・ブッカーズ ・ベーカーズ ・ノブクリーク ・バッファロートレース ・エズラブルックス 他

 【ジャパニーズ】 ・知多 ・余市 ・宮城峡 ・伊達 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズ 他

 【カクテル】 ・ミントジュレップ ・ゴッドファーザー ・ラスティネール ・ロブロイ ・アレキサンダー 他

 【フード】 ・オリーブ ・オイルサーディン ・ピクルス ・レーズンバター ・ピザ ・パスタ 他

                              メニュー表 ご用意しております。

つれづれなるままに‥

一年の折り返し地点が過ぎ、半期半年が経過した。

毎年、春夏秋冬、二十四節気が移ろうように、同じ軌道を回ってるが、見える景色に味わい深さがある。

そうだ、今見える景色を楽しめば、年齢を重ねることも楽しめるのではないかと思う、この頃。

年齢に愚痴を飛ばしたり、オロオロと戸惑っている時間、その上、世間など気にしている場合ではない。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

帯状疱疹

先週末、妻が 「少し頭が痛い」 と言ってたので、神経内科へ強制的に連れ出した月曜の午前。

そのときは、梅雨時期の気圧の変化が影響したのかと思いながらも、専門医の判断を仰ぐことにした。
問診後、CTを撮り、医師の説明では、頭部の画像に異常ないとのことで安心したが、ひとつ気になる。

それは、顔の小さな湿疹で、ここまで微熱も訴えている。
火曜の午後、皮膚科へ行かせたら、病名 「帯状疱疹」 との診断。

どうやら、それまでの微熱や神経に沿った痛み、湿疹などの症状は、そのためだったらしい。
それに、口内炎で喉も痛むため、食欲もないのだが、通院をしながらも、風邪と同じ休養をとっている。

夫婦の在り方を考えながらも、妻との二人三脚は続くよ‥  どこまでも。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする