2016年06月24日

Automatic

22日 朱鷺メッセで2夜連続、小田和正のコンサートがあり、公演後に中高年のお客さんが複数来店。

やはり、オフコース時代からのファンも多く、中には彼から彼女への誕生日プレゼントとして、シートを  並べてきた素敵なカップルもいた。

23日 朝の8時に起床。

妻の付き添いで、午前9時30分に予約した診療検査だったが、終わったのが午後2時30分。
そのまま、父が余生を過ごしている療養病院を経由して、帰宅したのが夕方の5時。
一時間だけ仮眠をして、定刻に店の看板に明かりを灯した。

それにしても、口開け (最初のお客様) までは眠たかった。
カフェインと気つけの洗顔を繰り返し、なるべく体をこまめに動かし、眠気を覚ましながら待機してると、いいタイミングで、複数のお客さんがボックス席に入っていただき、睡魔を吹き飛ばすことができた。

こういう時は、少し話し相手がいたり、忙しい状況をむかえるだけでも、心身の機能が切り替わる。
寝不足やかったるいとき、ローギアでマニュアル運転してると、ガソリンばかり食うようなもんだから、 長年の慣れで体の動かし方がわかり、得てしてオートマチックな運転に自動切り換えできるというか。

肉体の過信は禁物ながら、頭と体が記憶したことは、意外とオートマチックで動けたりするもんだ。

ようやく、眠くなってきた‥  今から、少しガソリン (食事) とオイル (アルコール) を補給せねば。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする