2016年04月08日

ソメイヨシノ

夕方、朝霞の伯母に電話をかけると、その一声に違和感を持った。

「どうしたの」 と聞くと、固定電話に不審な電話が入ることがあるという。

以前、身内を装う不審な電話があってから、ボクに確認をする手はずにしているので、そんなに心配はしてないが、なにぶんにも高齢者のひとり暮らしだ。

体調がよくないときでも、家事をしているときだろうが、たくらみに遠慮はないから、健康状態においては迷惑この上ない、時なる犯罪行為である。

本来の固定電話は高齢者の命を守るホットラインのはずなのに、その固定電話に疑惑の眼差しを向けなきゃならないんだから、皮肉な世の中になったもんだ‥

話を変えて、老朽化した団地に住む伯母の楽しみは、窓から見える桜の開花だという。

関東では、花は散ったようだが 「今年もまた見れたわ」 とため息ひとつ。
春夏秋冬、高齢者は風情を生きる糧にして、余生を暮らしているんだ。

そうだ、ボクの部屋から見える 「ソメイヨシノ」 は、去年の開花を最後になぜか半分に伐採された。
春の時計台の代わりにしていたが、木にも樹齢があることを今さらながら感じた。

知るところによると、ソメイヨシノの寿命は60年〜70年ほどらしい。
その間、用地開発や自然環境、伐採の理由もあろうから、間近で見る桜の開花は奇跡の賜物である。

暮らす場所は離れていても、おたがいの窓辺から 「ソメイヨシノ」 を眺めて、遠くを思い合っていれば、桜が気持ちをとりもっている気がする。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする