2016年03月28日

鬼の目にも涙

「愛がないなあ」  大相撲春場所千秋楽、弓取り式を見ながら、思わずつぶやいた言葉である。

白鵬が前人未到の36回目の賜杯を手にしたが、立ち合いの変化に館内から不満がわきおこり、とても言葉にできないほどの暴言も浴びせられた。 (日馬富士もあれぐらいで土俵を割るなと思ったけど)

祝福にはほど遠い雰囲気の中、優勝インタビューで白鵬は泣いた。
あの涙、感動という生易しい美談じゃない‥  悔しかったんだ。

その昔、元横綱 「曙」 は、何かのインタビューで 「横綱は横綱になったものしか辛さはわからない」と自分なりに横綱像を探って努力していたという。

汚い暴言を吐くやつは、大相撲が好きとかではなく、伝統や歴史などこれっぽっちも関心がないわけで、ただ目の前でおきたことを、その場の感情だけに振り回され、低レベルな文句しか吐けないんだから、観客じゃなくて 「現代の野蛮人」 である。

何 ?  「モンゴルへ帰れ」 だと‥  恥を知れ、恥を !
つまり、想像の域を出ないことには、まるで敬意をはらえないんだ。

今はね、相撲人気とか、横綱の品格を言う前に 「観客の品格」 だよな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする