2016年03月07日

無題雑記 31

6日 西堀でレコードを物色したあと、本町で夕食を買い、自転車で家路へ向かう。

萬代橋のたもとから、左右の岸壁を見渡すと、やすらぎ堤の街路灯が信濃川の川面に映えていた。
その光景、ジェリー・マリガンの名盤ジャケットに似ており、名曲 「ナイトライツ」 を口ずさんでいた。

カバンに入れてある、読みかけの文庫本もあと数十ページあまり。
20分あれば読み切れるので、8時閉店の万代のコーヒーショップであとがきを目にした。
日曜の閉店前は、まばらな空間になるので、図書室がわりに利用するにはふさわしい。

聴きたいアルバムがあり、自室に一時間だけ引きこもった。
マッコイ・タイナー 「エコーズ・オブ・フレンド」 はコルトレーンを偲んだ、72年のソロアルバム。
亡きボスを想い、マッコイの胸中に去来したもの如何に。

時刻は夜の9時を少し回ったところ。
南万代にある知人の居酒屋が、開店一周年をむかえるので、前祝いと親睦をかねて顔を出した。
店主は和洋の飲食店を渡り歩き、それなりの経験と知識に知人も多く、継続は力なりとはこのこと。

「なーんも考えていなかった」 30代だったワシとは大違いである。
先ずは祝杯なので、長居は次の機会にするとして、以後の足どりは記憶をなくしたことにしておこう。

気分よく酔える小さな幸せを味わえた日曜であったが、また今日からはそれを提供する立場になる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする