2016年02月22日

万代 Walker

長年、万代に住居を構えて、便利に思うことは、徒歩で過ごせること。

自家用車は必要ないし、雨が降ってもせまい範囲でコトが済むので、さほど外出には困らない。

ラブラ万代の正面入口から、万代シティを抜けて、伊勢丹やビルボードプレイスを折り返し、のんびりとウインドショッピングをしたり、雨の日には絶好の周遊コースになる。

小腹が空けば、伊勢丹のレストラン街もあるし、ちょっとした買物やコーヒーショップにも不自由はない。
気軽に映画を見てこれるし、紀伊国屋もあるので、時間をつぶそうと思えば、そこそこ時間もつぶせる。

遠出をしない、ものぐさなボクからすれば、徒歩と自転車でコトが足りる街でもあるし、時代とともに商業施設が変化を遂げたので、これまで飽きることもなかった。

薄っぺらい好奇心はないが、都会と田舎が混在した雰囲気もあるので、変則的な出会いも多い街だ。
自宅と店を行き交いながら、夕方の空いた時間をささやかな楽しみにして、日常をしみじみ感じている。

年季の入ったおっさんになるのは仕方ないが、自分の気分が作り出す 「老醜」 とは闘っていきたい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする