2016年02月19日

Shy Type

過去のブログは、気恥ずかしいから、そんなに読み返すことはない。

読むと容赦なく添削、校正したくなるから、もう切りがないんだ。

個人的には、過去の自分の写真もあまり見ることはない。
この顔は修正できないし、変なポーズをして写っている自分がイヤなの。

自撮りをして、SNSにアップするなんて、考えたこともない。
人は鏡を見ないと無気力になるらしいが、ボクの場合は自分の顔を見ると無気力になる。

店でも、人と一緒に写真におさまったのは、何周年記念に常連客とのワンカットぐらいである。
何でも、真ん中で写ると魂を抜かれる言い伝えがあるから、なるべくすみっこで写るようにしている。

だけど、店でお客さんの写真を撮ることは、カメラマン気分になるから好きなの。
今夜を思い出に刻んでもらえるように、そういうことは気持ちよく協力するんだ。

例えれば、数日前に佐渡沖で捕獲された深海魚 「リュウグウノツカイ」 のように、めったに人前にその姿を現したくないタイプ。

だから、店のお客さんも謎のUMA 「ツチノコ」 タイプも多いから、どこか気が合うのかも知れないが、自己主張が控えめな 「シャイが集う」 ジャズバーかもね。

それに、過去に執着心をもたないから、その場こっきりの今も好きである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする