2016年02月03日

春を待つ

今日3日は 「節分」 明日4日は 「立春」 と続く。

体感は冬なのに、暦の上では春を意味している。

人は 「春を待つ」 という言い方をする。
雪国で生活する人にとって、春はトンネルの先に見える光のようにも映る。

人は 「夏を待つ」 とは言わない。
夏は 「夏が来た」 秋は 「秋になった」 冬は 「冬が来てしまった」
どこか心情をあらわす、言い方になってしまう。

「冬を越す」 とも言われるほどだから 「春を待つ」 ことが活きる。

人は春の訪れに期待を向けながらも、実際は 「冬の寒さを楽しんでいる」 生きものである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする