2016年02月09日

Branford Marsalis (Ts)

先日のブログ、97年のエルビン・ジョーンズのカルテットで、ウェントン・マルサリスが参加したステージを見たことに少し触れた。

その頃、彼はマイルス・デイビスを批判するようなこともおさまり、天才が大人になった印象も受けた。
やや気難しく、協調性がとりにくく、自己主張が強い、弟のウェントンの存在と対照的なのは、兄となる 「ブランフォード・マルサリス」 である。

フレンドリーで、気のいい男として、ファンから親しまれていた。
しかし、アメリカ版プレイボーイ誌のインタビューで 「日本人はジャズをわからない」 と日本人ファンに冷や水を浴びせ、感情にしこりを残したことがあるが、「大半のミュージシャンは、同じ意見なんだろうな」 ぐらいにしか思っていなかった。
ジャズを理論で聴いている人は特別だし ボク自身 「ノリ」 や 「フィーリング」 で聴いている。

以前 「わかるわからない論議するのはナンセンス」 と記したが、考えは不変だ。
今回、加筆すれば 「それを超越している、プロが言っちゃおしまいよ」 になる。
結果的に 「オレたちは本場のジャズをやっている」 エリート意識にとらわれて、その純粋さ、あるいは思い込みが、ジャズの門戸を狭めていくことをわかっていなかったと思える。
そういうことは 「言わないのが約束」 で、あいまいにしておくのもプロ。

ブランフォードのサックスは柔軟性があり、ジャズの伝統を消化して、風格と気品にあふれている。
この5年ほど、ブランフォードを聴き直したら、固定ぎみの耳に刺激をあたえることができた。
そのきっかけをあたえてくれたのは 「ジャズ友」 でもある 「N塚さん」 の影響もあり、たがいの好みを聴かせあうことは、厚みをつける早道だと信じてやまない。

わかるわからない、決めつけで言い出したら、泥沼になるからね。 (笑)


このビート感、ゴキゲンだぜ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

SHINJUKU PIT-INN 50th

新宿ピットイン50周年を記念して 「新宿ピットインの50年」 と題した書籍が出版された。

主にインタビュー編集で、オーナーとミュージシャンの対談で占められており 「エルビン・ジョーンズ」の回想記事がお店の歴史を彩っていた。
また、出演者の略史年表において、いかに多くのミュージシャンが育ったジャズの殿堂であるか、あらためて思い知らされるし、本編、時代の役割を終えて閉店した 「六本木ピットイン」 にも触れているから、4ビート (ジャズ) 志向の新宿と、8ビート (フュージョン) 志向の六本木の互換性も楽しめる。
まあ、本を読んだ感想ではないので、早速、ボクの 「新宿ピットイン」 を語るとする。

ひとりのファンとして、85年から98年の間、新宿通りに面した新宿伊勢丹の裏通りの地下にあったころから、新宿二丁目に移転した、二店舗の雰囲気を知る。
97年、新宿厚生年金会館で行われた30周年記念では、出演者をたずねて楽屋に入らせてもらった。
あのとき、日本の名だたる出演者の中に、海外から招かれたエルビンをはじめ 「エリック・リード」  あっそうだ 「ウェントン・マルサリス」 もいた。
ベースの鈴木良雄さんは、エルビンのグループのベーシスト愛用のウッドベースに専門的な質問をしてたり、バックステージではさながら 「スクール・オブ・ジャズ」 の様相だった。
おたがいファン同士で、一堂が介する豪華絢爛な雰囲気に、わずかながらいたんだよな。

4ビートを聴くには大ホールもいいが、臨場的にドラムのパルスが伝わるハコの方が好きだ。
ステージと客席の距離が近いほど、真剣勝負のような切迫感が素晴らしい演奏に駆り立てられる。
ボク自身、好奇心旺盛にして集中型なので、音を考える暇もなく、頭が真空状態になれるときがいい。
それに楽曲や楽器のファンにはならず、それぞれの色彩を放つ、ミュージシャンのファンになるタイプ。

出演者をキライと思ったことはないんだ。
あくまでもテイストの違いであるから、聴いたから好き、聴かなかったからキライ、ということじゃない。
音楽に対するこだわりの強さは想定するも、メディアを通して知るイメージと、実際に会ってみるとでは、その印象は決して同じであるとは言い切れないけどね (笑)

良心的なミュージックチャージで、聴く耳を鍛えられた、新宿ピットインを抜きに語れない。
昼の部に出演していた同世代は、その後も夜の部にとどまらず、日本の手練にまで成長したんだから、それまで時系列はルーツそのもの。 (朝の部もあったなあ)
そんな書籍の中で、最も印象に残っていることは、多くの出演者が 「ピットインの客は耳が肥えているから、やぼな演奏は通用しない緊張感がある」 と口を揃えていたこと。
ステージと客席に緊張感がないと、いい演奏は生まれないからね。

「ジャズバーの店主」 として、あえてこだわりを言わないのもポリシー。
アナログでもデジタルでもなく、ライヴをするスペースもないが、ジャズだけに限らず、新宿の街のように 雑然とした個性を持ち寄り 「去る者は追わず、来る者は拒まず」 のスタンス。

ゆるいジャズでつながりをもてる 「庶民的な店」 でいいと思っている。



1985年 新宿ピットイン 20周年記念コンサート 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

桑田真澄

桑田真澄はいい男だ。

盟友、清原和博の逮捕を受けて、重い口でインタビューに答えた。
数年前から 「悪い噂」 を耳にしており、その真相を確かめるべく、彼と何度も話をしたという。

しかし、清原に煙たがれ 「一切かかわらないでくれ」 とまで言われ、関係性を絶たれてしまった。
あの二人は、和解と断絶を繰り返しながら、本当に話し合いが必要なときに限って、いつもこうである。

桑田は巨人の入団当時からクレバーと言われ、マスコミからは、可愛げがなく暗いとまで言われた。
清原はドラフト会議の同情的な人気にもあやかり、やんちゃでわがままな印象を持たれながらも、その豪快な性格は球界の番長として、不動の人気を得ることになった。
そして、ともに結果を出して今がある。

そんな二人だが、清原は野球だけを見ていた‥  いや、野球すら見ていなかったようにもうつる。
だが、桑田は野球を見て人生も見る、すなわち 「木を見て森も見ていた」 のだと思える。

世の中、いいときだけ、友人と称する男は多い。
桑田は言葉しかり、清原に毅然とした態度でのぞんでいた。

人間関係なんて、カンタンさ。
言葉ではいくらでも 「心配していた」 と言えるが、その行動だけはウソをつかないから。

男は行動で信用を重ねていく性質だから、それまでの桑田は本当に清原のことを心配していたんだ。
それを身勝手にも無下にした清原のことを、はたして男と呼べるであろうか。

甚だ、男っぷりを勘違いしているところがあり、見た目の存在感に男を投影している姿があった。
しかも、周囲は神輿を担ぐだけ担いでおきながら、神輿が転倒したら、桑田や佐々木らの精鋭以外は、空目を使いながら、その場から白々しく立ち去った人が、大半だったと思える。

清原の取り巻きは、腫物にでも触るかのように接するから、本人も次第に引っ込みがつかなくなる。
そのうち、黒い交際がささやかれ、刺青を入れて、喧嘩自慢みたいな話に恍惚感を覚えるようになる。
「あれは、かっこ悪いんだ」 と言うのが、友達としての資質であろう。

桑田の魅力は、普段はおとなしい性格だけど、いざというときに行動できるたくましさがあるんだ。
野球で教養を学んだと思えるし、何よりもマウンド上で、自立心を育んできたんだと思える。

最後は神妙な面持ちで 「スポーツ選手は暴力とドラッグから、一番遠い存在であらねばいけない」 とスポーツマンらしく、社会的なメッセージでコメントを締めた。

しびれるぜ、桑田真澄‥   男らしさは外見ではなく、内面の硬派であることを学べるではないか。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

ちゃんぽん

ひな鳥は最初に見たものが親だと、認識する話に似ているかも知れない。

7日まで、新潟三越の催事会場で、九州物産展が開催されている。
妻のお目当である、本場 「ちゃんぽん」 を会場で食べられると知り、一緒の出かけついでに、食指をのばしてきた。

自宅から近い、専門店ののれんをくぐることはあっても、それ以外のお店であまり食べた試しはない。
そもそも、麺類は酒を飲んだ後、塩分欲しさに食す程度なので、味覚の枠を拡大したいとは思わない。
決して、ラーメンがキライではないので、このあたりの流れを説明する。

ちゃんぽんは野菜や魚介類、肉などの栄養バランスが整っており、大枠の麺の部類では好きであるが、その美味しさに感動するまではない。
なぜなら、美味しいものが多すぎて、相対的に食べられるようになったことが理由だろう。

じゃあ、昔の食べ物のほうが美味しかったのかと言うとそうじゃない。
多くは、空腹感と舌の記憶にあると思えるからだ。

新潟を舞台に食の最初を語れば、海水浴帰りに食べた、石門子の冷やし中華。
映画帰りに食べた、ヒュリカ(現・勝烈亭)のカレー、部活帰りにおかわりした、きんしゃい亭の替え玉。
そして、下町から自転車で萬代橋を越えて食べに出かけた、長崎ちゃんぽん。

若いころの空腹時の味覚が基準になっているから、いつのまにか、その味が本場になっている。
だから、ここで差す本場の味は、新潟でお店を構えて食べる 「ちゃんぽん」 なのである。
そこで、新しい本場の味を受けたとき、そのおかげで自分が選んだ本場の味を再発見できるんだ。

冒頭、ひな鳥は最初に見たものを親と思う話と、性質はどこか似ていると思わない ?

つまり、空腹感を満たしてくれたのが、最初の自分のモノサシになると思える。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

無題雑記 27

4日 雨上がりの夕方

自転車で外出すると、久し振りに雲のすき間の青空に魅せられた。
雨上がりの空気は、適度の湿気を含んで澄んでいるから、新鮮な気分にひたれる。
ボクにとって、夕方は朝のさわやかさであり、夜のおちつきでもあるので、気分を調整する時間となる。

この2年ほど、万代周辺で、多くの外国人とすれ違うようになった。
語学力のある日本慣れした外国人もいれば、あたりをキョロキョロ、どこかソワソワした外国人もおり、容姿や振る舞い方で、何となく国籍や習慣はわかるもの。

国際色は違えど、皆同じ人情はもっているが、中国人の団体だけは目的以外は目もくれない風合いが強いから、個人としての人柄は読み取りにくいかも知れないね。

先週の寒波の影響もあり、まだ生鮮食品が割高に思える。
気がつけば、ボクの買い物歴も年季が入ってきたようだ。
目利きに限定すれば、主婦にもひけはとらないと思うが、まともに料理を作れないのが弱みである。

妻にそう言うと、あなたは作れないのではなく、作れるのに作らないんだとか。
男が果物を食べないのは、皮をむいたりするのが面倒なのと同じで、家庭料理は妻に任せっきりだが、これからは、かんたんな料理を作れなきゃいけない年齢になるのは、重々承知はしているのだが‥

料理が下手くそなのは自認しているが、それはさておき、料理を作る気力がわかないんだ。
昔のCMコピーじゃないけど、ジェンダーフリーの現代 「あなた作る人、ボク食べる人」 なんて言ったら女性の人権団体から、ヒステリックにバッシングされそうである。

いっそのこと 「オレは外で狩りをしてくるから、おまえがさばいてくれないか」 との具合に、おたがいの特技を持ち寄るのも 「セパレートライフ」 として、認められないのかな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

清原和博

清原和博は甘ったれである。

3日 元巨人軍の清原和博が覚醒剤所持の容疑で逮捕された。

彼は引退まもないころ、自身の半生を赤裸々につづった 自伝 「男道」 を出版した。
中でも、巨人に対する屈辱感は、計り知れないものがあった。

さかのぼれば、ドラフト会議で手のひらを返されたことが怨念となったその後、西武の黄金時代で実績を残すと、因縁のある巨人が頭を下げて、FA入団オファーをかけてきた。

清原は迷った末、過去の経緯を水に流して、巨人の新戦力に加わったもののケガの影響もあり、思ったほどの結果を出せないジレンマに悩まされたあげく、優勝できない責任を球団幹部から告げられた。

たがいの言い分は納得のいくものではなく、最終的には埋め難いしこりを残すハメとなったが、結果は戦力外通告であったにせよ、感謝をされた別れでなかったことに、プライドは傷ついたという。

巨人は王者としてのブランド力があり、交渉力と資金面に長けているが、成績不振で退団する選手にはねぎらいの言葉ひとつなく、事務的に放り出す印象が強かった。

それまで、巨人に礼を尽くし、感謝の意を述べて立ち去ろうとしている選手の背中にまで、無視と批判を浴びせるような組織イメージがある。 (アンチ巨人の理由は、そこにもあるんだけどね)

文中 「オレのプロ野球人生は恨みではじまり、恨みで終わるのか」 と記されてたが、後にオリックスの仰木監督に 「おまえの花道はワシが作る」 と口説かれたのは、男の美談として語られている。

仰木監督は、男気あふれる人物だった。
清原の実力は折り紙付きだが、繊細で人を恋しがる一面があることを、仰木監督は見抜いていた。

ボク自身、長年会社勤めをしていたから、彼の視点に立って感じられ、その人生に共感さえしていた。
だが、移籍で夢と希望を取り戻したのに、監督の遺志を裏切る行為をしたのだから、ボクの中の清原は色あせてしまった。

斜に構えて 「悲劇のヒーロー」 「球界の番長」 を気取っていた節もある。
だれもがうらやむ経歴を残しながら、過去の栄光を清算できず、元来の気の弱さを威圧的な態度をして見せることで覆い隠していた。

18歳で、西武にドラフト一位指名されたとき、膨大な契約金と今後の道筋も大きく広がった。
そのとき、小さな電気店を営む父親から 「お金を稼ぐことがどれほど大変か忘れるなよ」 という言葉を胸に刻まされたという。

肉親と恩師、盟友の愛情を受けながら、覚醒剤で恩を仇で返すことは 自伝 「男道」 に反することだ。
ボクに言わせれば 「ファンや野球少年たちの期待を裏切った」 なんてのは、大人の詭弁である。

愛情とは、勘違いして浮かれてるとき、精神的に苦しいとき、一番近くで自分を支えてくれた人たちへの恩返しでしかないんだ。

年齢が近い分、共感できる部分があっただけに、ガッカリしたのはそのためである。

だから、清原和博は甘ったれなのである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

春を待つ

今日3日は 「節分」 明日4日は 「立春」 と続く。

体感は冬なのに、暦の上では春を意味している。

人は 「春を待つ」 という言い方をする。
雪国で生活する人にとって、春はトンネルの先に見える光のようにも映る。

人は 「夏を待つ」 とは言わない。
夏は 「夏が来た」 秋は 「秋になった」 冬は 「冬が来てしまった」
どこか心情をあらわす、言い方になってしまう。

「冬を越す」 とも言われるほどだから 「春を待つ」 ことが活きる。

人は春の訪れに期待を向けながらも、実際は 「冬の寒さを楽しんでいる」 生きものである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

萬代橋 (ばんだいばし)

今朝の新聞、常用漢字で表記されてた 「万代橋」 が、2004年に国の重要文化財に指定されてから、今まで多くの県民より、固有名詞である 「萬代橋」 (ばんだいばし)  表記を求める声を受ける形で、後者を正式表記に変えたそうだ。

個人的には、どちらでもいいのだが、それだけ県民に親しまれているのだろう。

このところ 「萬代橋」 を行き来する日が続いている。
もし、この橋がなかったら、見えた世界も違っただろうし、街への味わいも薄かったであろう。

人は普段、何の気なしに利用していると、その存在に同化してしまい、失ってはじめて、その重要性に   気がつくときがあるのは、何も利便性だけではない。

身近な話、通勤途中に桜の木があるとして、それを見るたび 「あとどれぐらいで開花するかな」 など、そんな気持ちが日常生活をささえていたりするものである。

形あるモノ、栄枯盛衰はあたりまえのこと。

日曜 「ラフォーレ原宿・新潟店」 が閉館し、今晩来てくれた下町に在住している同級生の話によると、 本町の 「ホクセイマート」 も同日に閉店したという。

古町中心部は、消えゆく商業施設が後を絶たないが、萬代橋のたもとにある一画の空地を見下ろすと、そこには 「大手マンション建設」 を思わせるような立看板が目立っていた。

「ここもマンションになるのか‥」 と思うと、環境の喪失を感じてしまうが、マンション住まいをしている、ボクの見方も、ずいぶんと身勝手であることに違いはない。

だが、萬代橋だけは 「新潟の象徴」 として、いつまでも味わい深く、立派であり続けてほしい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

2016 February

ジャズとウイスキーを愉しみ、大人の時間をくつろぐ空間

< 2月 定休日 >   7日 (日) 14日 (日) 21日 (日) 28日 (日)

11日 (木祝日) は 通常営業いたします。  

住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
電話     025−247−1644
営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
定休日    日曜 (連休にあたる場合、営業致します) 
客席数    カウンター10席  ボックス席あり

 取扱いメニューの一部をご紹介いたします

 【チャージ】  ¥600 

 【ビール】 ・カールスバーグ ・クワーズ ・ハイネケン ・ギネス ・シメイ ・デュベル 他

 【アイラ】 ・ラフロイグ ・カリラ ・ボウモア ・アードベック ・ラガヴーリン 他

 【スペイサイド】 ・クラガンモア ・マッカラン ・グレンリベット ・グレンフィデック 他 

 【ハイランド】 ・グレンモーレンジ ・タリスカー ・オーバン ・スキャパ 他

 【ローランド】 ・オーヘントッシャン ・トバモリー ・グレンキンチー ・レダング 他

 【キャンベルタウン】 ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン ・ロングロウ 他

 【スコッチ】 ・デュワーズ ・シーバスリーガル ・バランタイン ・オールドパー 他

 【アイリッシュ】 ・ブッシュミルズ ・ジェイムソン ・カネマラ ・ターコネル 他

 【バーボン】 ・ブッカーズ ・ベーカーズ ・ノブクリーク ・バッファロートレース 他

 【ジャパニーズ】 ・知多 ・余市 ・宮城峡 ・伊達 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズ 他

 【カクテル】 ・ミントジュレップ ・ゴッドファーザー ・ラスティネール ・ロブロイ 他

 【フード】 ・オリーブ ・オイルサーディン ・ピクルス ・レーズンバター ・ピザ 他

                              メニュー表 ご用意しております。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする