2016年01月10日

出航式典

成人の日とは、一人前にあつかうかわりに、社会貢献してくれる期待と願望を意味する式典かと思う。

要するに、人的資源として、社会から正式に認められたのである。

だが 「大人になりたくない」 と願う 「ピーターパン・シンドローム」 は、いつの時代も存在しているから無下にできないが、最近の社会風潮は、その症候群が広まっている気がしてならない。

いずれ、若者の自我はいい意味で目覚め、今の居心地が良くてもその場から自然と離れていくもので、だれもが子どもの心を抱きながら、いつの間にか大人になっていくものだ。

ガキの頃の仲間とベッタリと顔をつけあわせている人はいないように、今の環境に適応して離合集散を繰り返しながら、経験を積んでいくわけで、それが社会を知る歩みだったりしたはずなんだ。

もちろん、それまでのつきあいを粗末にするのではなく、敬意をもっていったん解散はしたとしても、また懐かしくなったり、縁がめぐってきたときのために、歩み寄れる距離の工夫を保っておけばいいと思う。

つまり、成人式とは、解散式でもあるんだ。

日本中が、阪神タイガースの初優勝で沸き上がった、1985年
そういうボクも、成人式をきっかけに、見知らぬ土地でひとり暮らしをはじめたのが二十歳。

四畳半一間、風呂なし共同トイレの木造アパートで、これからは自分でやりくりすることを自覚しながら、苦労をかけた親のことを考えたりしたもので、メソメソしていたのは、いつの時代も母親であってさ。

世間でいわれる 「自分らしさ」 とは、ひとりになって経験してわかることのほうが大きかったりする。
なにも親元で暮らしていようが、その形にとらわれず、ひとつ屋根の下でもできることはあるからね。

それこそ、解散式があれば、出航式もあるわけで、そのための成人式なんじゃないかと思う。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

無題雑記 22

「七草かゆ」 の7日。

新聞チラシには、スーパーの 「恵方巻き」 の広告が目に飛び込んできた。

正月のおもちも食べきらないうちに、早くも恵方巻きなんて見たら、胃がもたれそうである。
しかも、次から次へとよくぞこんなにも、食品という食品が食卓に押し寄せる国は、他にあるのかな。

それで 「食生活の乱れには、グルコサミン」 なんて、ダイエット食品のチラシも同時に折り込まれてくるんだから、とどまることを知らない アイ・アム・ジャパニーズ である。

また、来週にでもなれば、バレンタインなんちゃらとかはじまるのであろうが、正月が明けたばかりだろ。
それに今冬、まだ粉雪すら見てないというのに、おいおい、何か世の中、せわしなくないか。

GIVE ME SOME TIME !  ‥  ちょっと休ませろである!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

SHOW-YA (Rock)

イカすぜ  SHOW-YA !

年末 WOWWOW で録りためていた、彼女たちの結成30周年記念ライヴの映像を、3日間に分けてようやく見終わった。

何せ、3時間で30曲の生ライヴだけに見る方も疲れるが、テンポの速さをモノともしない、音圧の高い屈指のハードロックバンドである。

当時、日本の女性ロックバンドの草分け的存在でありながら、時代の対極軸に位置していた人気バンド 「プリンセス プリンセス」 と比べられてたが、そこは目指すべき方向性が違っていたから、おたがいにそんな風評には、はなはだ迷惑していたんじゃないかな。

そのころ、ボクはロックを熱心に聴いていなかったから、うまくは言えないけど、ステージパフォーマンスさながら、音楽としてのスキルが高かったし 「SHOW-YA サウンド」 をキチンと持っていたよね。

ヒット曲 「私は嵐」 「限界ラヴァーズ」 など多くあるもの、あまりヒットだけを意識してのことではなく、あくまでもストレートでダイナミックに、ハードロックを体現していた。

また 「女だから、なめられたくない」 そんな気持ちにもあふれていたようだが、純粋であるがゆえに、成り行き上のツッパリでしかなかったと思える。

今では、メンバー全員 「50歳オーバー」 なのに、音楽も芸事も映えていて、その土台が鉄筋でなく  鉄骨であったからこそ、その気にさえなれば、カムバックできる強さを証明しちゃったんだからね。

女性は楽屋で 「キャー、ドキドキ緊張しちゃう」 なんて言いながら、いざステージに立つと、自分たちの世界に入れる、怖れ知らずの切り換えの早さがすごい。

まるで、女優に変身したかのように、華麗なステージ衣装を身にまとい、それぞれの曲のイメージに    合わせて、自分がどう映るかを意識して、観客の喉元をグィッと引き寄せて離さない強さがあるんだ。

しかも、ルックスだけを売り物にしたバンドじゃなく、土台となる音楽性が高いことが、3夜虜にされた  理由であり、もしあれで音楽性が低かったら、自由参加の学園祭の出し物とさほど変わらないからね。

個人的には、クレープを可愛く食べるアイドルより、鶏の唐揚げにカブりつくような 「私は嵐」 みたいな熟女のほうが好きだから、ギターの 「五十嵐美貴」 の脂みなぎるパフォーマンスに惹かれちゃうな。

年齢を取り上げるのは不本意であろうが、年齢をカッコよさにできる女性は素敵だと思うもん。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

ミャンマー・サムライ

6日 傘を広げて外出したのが、夕方の4時前。

まだ正月の雰囲気が間延びしているかと思いきや、もうすっかりと消え失せていた様子だった。

そんなとき、ポケットの携帯電話が振動した。
発信元は、東京在住のミャンマー国籍で、ボクより5歳年下の友人からだった。
年始の挨拶そこそこ、母国の父親が亡くなったため、この二週間ほど帰国していたという。

彼は、ミャンマーの首都 「ヤンゴン」 で愛情に包まれた家庭に育ちながらも、日本へのあこがれも   強かったようで、かれこれ20年以上は日本に定住している。

当時、たどたどしかった日本語も、積極的に日本人とコミュニケーションしたことで、ネイティブな語学を身につけて、さらに安くはない日本語学校にも通い、国籍を超えた可能性を見出していった。

そんな今では、口の利き方も知らない一部の日本人より、よっぽど日本語がうまくなり、テレビの外国人コメンテーターになってもおかしくないほど、わび・さび・礼儀を知った 「サムライ」 のような男である。

それまでは、ただ偶然の道づれにしか過ぎないと思っていたが、ある日、ふと気がついてみると、誠実な友人になっていた、そんな感じだった。

仮想の話、もし戦争が起きて戦地で銃口を向けあう敵同士になっても、彼を相手にはきっと安全装置をつけたまま、空砲を撃っているだろうな。

そう思える、国籍を超えた友人がいるだけでも、過去はまんざらでもなかったようだ‥

今年東京で、心から尊敬している、そんな彼と再会することになりそうである。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

無題雑記 21

正月の早寝早起きが習慣になったせいか、このところの目覚めは早くなった。

理由はそれだけではなく、寝室でテレビを見るのをやめたのもある。
それまでは、テレビをつけっぱなしで寝ていたり、それが睡眠を浅いものにしていたらしく、カフェインの摂取も多かった。
やはり、寝室は寝室として使うことで、質のいい睡眠を感じれるようになった。

初秋にPCを買い替えたことも大きい。
旧式は接続から操作速度が遅く、記事の編集に時間がかかり、就眠時間が押すことも少なくなかった。
今は性能が上がり、時間のコストが大幅に短縮されたので、それだけ早く投稿できるようにもなった。
その分、時間を押すことがなくなったのも、目覚めの早さにつながっていると思われる。

一番いいのは、眠いと感じたら、素直に寝てしまうこと。
そのため、眼精疲労もやわらぎ、空が白み始めるころまで、長々と読書をすることもなくなった。
元々、視力は良い方だが、最近は細かい文字がかすんで見えたり、視界がぼやけることもあるので、    長時間、目に負担をかけられなくなってきたこともあげられる。

そんな体内時計を店の営業時間にコンディションを合わせ、それぞれのパーツをいたわる感じである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

ストロング・スタイル

4日 新年の口開けは 「Tくん」 だった。

5日から、仕事初めの会社が多いようだが、正月の空気が入れ替わるのは、来週であろうか。

ボクの軸足は店にあるから、早く店を開けたくなる気持ちが高ぶってきた。
連休中、日頃できないことをできる、小さなよろこびも感じたが、次第に時間を持て余すようになる。

いざ、自由時間を手にしても、意外とやることが思い浮かばなかったりするものだ。
それで、結局は酒を飲んで、ゴロ寝で終わるのが、正月の実態であってさ。

男の休日なんて、そんなものである。

だから、仕事初めとなる日は、連休中に時間を持て余した人ほど、昼はバリバリに仕事をこなしてから、
夜の訪れを待ち焦がれる姿が思い浮かぶし、単身赴任者ほど公私の揺り戻しは大きいからね。

仕事初めのテンションを高めて、正月気分を吹き飛ばせる曲が 「スピニング・トー・ホールド」 だ。

これを聴けば、世のおやじは 「ストロング・スタイル」 に切り替えられる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

温暖な夜

3日 高校時代の同級生と3人して古町で飲んだ。

ボクらの世代、電話一本で集合して、店は成り行きで決めることが多い。
男の飲み会は、基本的にシンプルだから、あれこれ迂回した連絡網はない。

断り文句とはいえ 「行けたら行く」 と煙に巻く男はアテにならないし、いい年齢で 「だれが来るのか」 気にするようでは、あんまり見込みがなかろう。

また 「飲むことに、何かメリットがあるのか‥」 そんなこと考えるようではダメである。
そういう男は 「おまえは女子か」 と、頭を小突かれるのがオチだ。

ただし、だれもが気軽に参加できる会費で、分け隔てなく平らに座布団を敷いておかないと、その輪がいびつになりがちだから、一次会は昔で言うところの 「越路会館」 のような酒場の王道がいい。

それに、同級生であることを免罪符にして、気兼ねなく酔えるのがいいし、当時の 「マル秘映像」 を違ったアングルから見せられるような話も出てくる。

そのときの話を文章に起こすことはできないが、思い出話に真偽は問われない。

こうして、新年最初の飲み会はベールに包まれた ? 高校時代の同級生と温暖な冬の夜を共にした。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする