2015年12月22日

赤いリボン

「だれかわからない人の素顔を想像した」  そんな、うれしい気分にさせられた。

21日 店のドアを開けようとしたら、ノブに白いビニール傘がかけてあった。

よく見ると、ノブにシャレた 「赤いリボン」 も巻かれている。
しかも、雨降りなのに、傘にしずくがついていないことから、返すためだけに来たのだろうか。

思いあたることがあるとすれば、先週末は来店客に恵まれたが、雨天は終始気まぐれであった。
そのため手ぶらのお客さんも多く、その帰り際に処分してもいいような忘れモノの傘を数本差し上げた。

別に返してもらわなくてもいいのだが、だれに渡した傘なのか見当がつかない。
ただ、こうしてわざわざ返しに来る人がいて、しかも赤いリボンまでつけて、粋なことをするものだ。

そのリボンは 「ありがとう」 のメッセージとも受けとれたので、クリスマスが終わるまでは、そのままにしておくことにした。

今夜、ちょっといい話として、書き記しておく‥    Who are you?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする