2015年11月19日

猫だまし

大相撲九州場所10日目

横綱の白鵬が関脇の栃煌山を相手に、まさかの 「猫だまし」 との見出しが大きく踊っていた。
館内からは罵声が浴びせられ、横綱審議委員会からも 「前代未聞」 だと苦言を呈されていた。

あの一番、テレビで見たけど、個人的には稀有な奇襲技を見せてもらい、思わず顔がほころんだ。
賛否両論あるが、ファンの立場で擁護すれば 「それもあり」 ながら 「なんだかな」 もある。

日本人の美学には、本音と建前が両立している。
日本の建前社会で本音を明かすと、世間から袋叩きに合いやすく、本音こそ取扱注意な側面がある。

猫だましの賛否は、正式な奇襲技ながら、格下相手に使う一手ではないことをとがめられている。
規定には反してないのだが、横綱として姑息なことはしない、ある種の自己ルールなんだと思う。
つまり 「これはやらない約束だろ」 と、暗黙の了解を言い争っている節がある。

その白鵬 「穏やかな表情の中に、おちょくりを含んでいる」 との記事だが、そんなことはない。
年齢的に見て、いつまでも受けて立つ相撲で君臨できるわけもなく、奇襲を使いだしたことが何よりの   証拠であり、記者は変わる心理を見抜けないのかな。

新聞の論説では 「白鵬の残念な行為で、真剣な取り組みに水を差され、大相撲の魅力が失われた」 とのペン先だが、うわべを体裁よくつくろった正論のほうが 「ペン先の猫だまし」 に思える。

さーてと‥  大相撲ダイジェスト11日目がはじまるまで、ひとっ風呂、浸かってくるとするか。

それより、ボクの興味は 嘉風 琴勇輝 松鳳山 決して格上にひるむことのない 「熱血相撲」 だ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする