2015年11月04日

五郎丸 歩

ワールドラグビーの年間表彰式で、南アフリカ戦での 「五郎丸 歩」 のトライが、ファンの得票数の末 「最高の瞬間」 部門を受賞した。

五郎丸の恩師である清宮監督は、メディアで 「ぼくとつで飾り気のない男」 と紹介していた。
彼は、昔からあった 「価値観を次世代につないでくれる」 そんな日本人らしいヒーローなんだ。
アスリートの自意識は、プロにおいては重要なメンタリティーだが、マスコミやファンにチヤホヤされると、それまでの自分とは異なり、次第におちつきを失いがちとなる。

野球やサッカー、ボクシングなど、インタビューひとつにしても、余計なひとことをつけてパフォーマンスを考えたり、スポーツアイドルになろうとしていると、思わせられる選手も少なくない。
スポーツ選手を 「サムライ」 に見立てたがるが 「こんなペラペラ、うるさいサムライはいるんかいな」 とも思うし、大げさな言い方をすれば、キャラクター重視で 「ヒーロー像」 を感じない。

そんな選手を見ていて 「おちつきのあるヒーローはいないのか」 と感じていたときの五郎丸。
エンターテインメントに慣らされたファンは、はしゃぐことが選手やファンへの褒美と勘違いしている。
キャラクター以前、自分の生き方の筋を通す男らしさが大事なんだ。
ヒーローは、その時代を映す。

そんな五郎丸からは、おちつきのあるサムライ 「日本男児の風格」 を感じさせられる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする