2015年10月26日

ナビゲイター

仕事前の夕方、ちょっとフラリとお茶でも飲みたくなるときがある。

ぼんやりとBGMに耳を傾けていると、流れている音楽にお店のカラーがあったりする。

ある日、小さく聴こえてきたのは、ユーミン 「ベルベットイースター」
「小雨の朝」 からはじまる歌詞は 「いつもと違う日曜日」 で終わる。

だれから知らされたわけではなくて、いつのまにか憶えてしまった歌が名曲なんだろうね。

ヒット曲 「中央フリーウェイ」 も 「右に見える競馬場、左にはビール工場」 など、車の座席から見た日常の様子をとりあげるから、リスナーの共感を生むんだと思う。

それに、空や海、雨や雲、月や光など、季節と自然をおりまぜながら、恋愛観を浮き立たせた歌詞は    非凡すぎるセンスを感じてしまう。

ユーミンの歌詞に、若きころの恋愛の思い出をダイブさせるほど 「ファニーなおやじ」 ではないけど、たまに耳にする歌謡曲は気分がやわらいでいい。

狭い選択肢でしかないが、その昔、カセットテープのCMのサビに使われていた曲 「ナビゲイター」 は車の中から、空をながめて時間がまったりと流れていく様子が映り、ユーミンの中では一番好きかな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする