2015年10月07日

レモン・ハート

5日 午後10時より、BSフジで人気マンガを実写化した 「BAR レモン・ハート」 がオンエアされた。

一部のお客さんとも、どんなテイストで描かれるのか、心待ちにしていた。

以前、V6の相場雅紀が演じる 「バーテンダー」 という、これまた人気マンガの実写版が、ゴールデンタイムに、オンエアされたことがある。
あの頃、気のせいか、若い女性がチラホラと入ってきた記憶がある。

しかし、扉を開けて、ガッカリさせただろうな。
いたのは、ビジュアル系の若いバーテンダーとは似ても似つかない 「ダサいおやじ」 なんだからね。
幻想を打ち破られ、心を乱されたと思うが、あらためてご堪忍を…  だけど、下調べはしておきな (笑)

時は近く、NHKの朝の連続テレビ小説 「マッサン」
ウイスキー造りが後半にもなると、お客さんの口から 「ポットスチル」 (蒸留窯) 「ピート」 や、中には 「天使のわけまえ」 など、詳しくなければ、あまり語られない専門用語が飛び交ってきた。

知識 (雑学) として、何かしら影響を与えていたことがわかる。
それがきっかけとなり、会話の幅が広がればいいし、ウイスキーに興味を持ってもらえばうれしい。
最初はだれでも、飲めないところからはじまり、次第にわかるようになる過程がおもしろいんだからね。

この2つの番組は、ほとんど見ていなかった。
だけど、今回の 「BAR レモン・ハート」 は、全編見るつもりでいる。
登場人物たちと、年齢が近いこともあるが、この仕事は人を見守ることでも知られている。

昔からいわれる 「人あるところ、酒あり」 で、円滑なコミュニケーションに欠かせないのが、乾杯や  友情の盃 (さかずき) だったりする。
長年、愛読されているベストセラーは、ベストセラーなりの理由があり、愛飲酒にも理由があるものだ。

本当に酒だけが好きなら、自宅で安い酒をしこたま飲んで、寝ればいいだけのこと。
だけど 「人はどうして飲みに出かけるか」 それわからずして、世の中のことは語れないと思う。
ある意味 「夜の俳優」 になれる人って、仕事も私生活も充実しているような気がする。

個人的には、酒に金を使っている感覚でなく、自分へのご褒美、人との親近感に祝杯する感覚なんだ。
そんな、自分の顔と名前が通用する店、一緒に酒を飲む相手がいることで、大人の夜があると思える。
だからこそ、独りよがりのワガママは、通用しない場所である。

そうじゃなきゃ、飲み方次第では、酒は 「毒」 でしかなく、あるいは人生を豊かにできる 「媚薬」 にもできるわけだから、これだけは本人のメンタルティーによるところだ。
ボクは後者として、最期まで楽しく生きたいから、ウイスキーを媚薬として飲んでいきたい。

店主としては、ウイスキーやジャズのウンチクにこだわるんじゃなく 「人に温かい店」 にしたいな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする