2015年10月04日

チームワーク

「赤信号 みんなで渡れば こわくない」

3日 夜10時 ラグビーワールドカップ (日本×サモア) を見て、たけしの毒舌標語を思い出した。
みんなで戦えば、怖さは軽くなるから、闘争心は勢いづく。

だが、あれほど屈強な男たちでも、アドレナリンが出てなきゃ、そりゃ怖いし痛いに決まっている。
サモアの 「戦いの舞」 に対抗して、こっちは 「新潟甚句」 でも、披露してやりゃいいのにな。

ボクは、個人競技 (柔道) だったから、チームとしての肉弾戦 (スポーツ) には、憧れがあるんだ。
それぞれの個性を保ちながら、団結できるところなんて、そうそうできることじゃないもん。

それに、チームワークは机上の知識ではなく、時間をかけて得られる 「行動の信頼」 だと思っている。
だから、コミュニケーションのないチームはもろいし、机上の絆ほどバカらしいことはない。

肩入れなしに、勝者の日本には 「チームワーク」 があった。
一方、敗者のサモアは、格下に負けるあせりからか 「ラフプレー」 「スタンドプレー」 に走ってきた。

もう、意識の差が大きかったから、後半は安心して見ていられた。
実力が拮抗していたら、勝負の決め手は 「胆力」 (臆さない気力) だと思う。

何で見ていられたのかって ?   この時間は、店が暇だったのよ…  (-.-)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする