2015年08月18日

翳り行く夏

17日 朝から一日、小雨模様なんて、何日ぶりであろうか… ?

夏の雨は大粒で蒸し暑さがともなうが、今日のようなサラサラな雨と気温であれば過ごしやすい。
今夏は台風直撃や集中豪雨もなく 「バカ暑さ」 だけを除けば、しのぎやすかったと思える。
とはいえ、予断のならない残暑と不安定な気候はこれからではあるが。

この週末は 「愛は地球を救う」 チャリティーイベントがあり、街は黄色いTシャツが目立つようになる。
ボランティアに必然性はなく、ほめられることを期待するのは偽善だし、しなかったことをとがめられる  筋合いもないが 「メイ・アイ・ヘルプ・ユー」 をスッと言えることが、奉仕活動の成熟な気もするが。

とりわけ、夏の終わりにリアルな境界線を引くなら、お盆が過ぎた今、それとも高校野球中継が終わったとき、もしくは24時間テレビ終了時など、人にはそれぞれ気分の座標軸があると思う。
ボクの場合は、セミの鳴き声が聞こえなくなったときかな。

去り行く夏ならぬ 「翳り行く夏」 であることには違いない。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする