2015年08月05日

夢の行方

今朝 (3日) の朝刊を眺めていたら、今の新人社員の約4割が 「今の仕事に夢を持てない」 との、調査結果が表れていた。

理由のひとつに 「景気の低迷で、賃金の上がらない親の姿を見てきたからだ」 と、事情通は分析。

ボクの周りにも、リストラにあった人物がいる。

きっと子どもは 「朝早く出勤して、夜遅くに帰宅して、休日返上でどんなにがんばっても、会社は人を  平気で放り出すんだな」 と感じたら、若者が会社に忠誠心を持つであろうか…

漠然だが 「そんな会社に夢はあるのかな」 と、思われても仕方あるまい。
じゃあさ 「夢は会社の外にあるのか」 って、話になるわけであってさ。

だからと言って、会社で工業機器の商品管理にたずさわっている人が、突然3年後、縁もゆかりもないのに 「新潟県の特産品をあつかって全国に流通させたい」 と思ったところで、今の仕事とどう関係が     あるのか、夢のつじつまが合わないでしょ。

それに、その 「夢」 ってのも、ちょっと怪しくないか…

会社の業績が悪化したり、人間関係にホトホト疲れたり、ポテンシャルを開花できなかった末での    「夢の形」 であったりするんで、上手くいってれば、会社内で夢を求めていくだろう。

第一に結論を出せる経験に乏しいし、足を地に着けず借り物の夢に踊っているというか。
まれに会社の将来を見抜いたり、社長の資質を見破ったと言うのであれば、話は別だが。

最初は純粋な夢であれ、次第に会社の外に夢を描くようになる。
そのうち、どこかのタイミングで息切れしたかのように、タメ息を吐きはじめるのがオチかも。

それでも夢に向って努力した人のほうが、夢のない人よりも実現する可能性は高いからであってね。
そうじゃなきゃ、自分のための夢なんて成立しないでしょ。

夢なんて叶わないから夢でいい意見もあるし、夢の半分も叶えられれば御の字であれば、夢を叶えた瞬間から、今度は追い詰められるようになるから、夢を託しすぎるのもどうかなと思うもん。

夢の正体なんて、そんなモンかもしれないな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

Classic Car

2日 妻と夕涼みついでに 「 I'll be back 」 でおなじみの、アーノルド・シュワルツェネッガー 主演最新作 「ターミネーター・ジェネシス」 を見てきた。

本編 「ターミネーター・2」 に、強いオマージュがあることを随所に感じとれた。
ボクの中で、不朽の名作は 「Tー2」 で完結しているが、シリーズの進化を認められる本編ながら、  ストーリー展開を作りこみすぎて、わかりにくいものにしている印象を受けたね。

A.シュワルツェネッガー (67歳) 演じる、旧式サイボーグ 「T−800型」 の口癖が 「古いけど、  ポンコツではない」

ボクが、何となく意識している年齢は還暦であり、どこか人となりが決まるように思える。
世の習いで言えば、60歳は成熟年齢であろうか。
肉体は枯れていくものの、精神的には酸いも甘いも噛み分けられ、いよいよ完熟年齢で生きる。

晩年の男は、車に例えられると思う。
車検を通さず 「廃車」 になるか、間違った努力に気がつかず 「ポンコツ車」 になるか。
それとも、感情の抑制が効かない 「暴走車」 となり、地域社会で、はた迷惑な老人で生きるか。

どうせなら、熟年の色気と自然な味わいを漂わせている 「クラシックカー」 がいいに決まっている。 
同じ目立つにしても、こういう目立ちかたのほうが、いさぎよくてカッコイイと思うもん。
還暦の査定は自己評価であるが、他人評価されるのが現実だから、還暦の自分探しは怪しいわけだ。

当店には、還暦を越えたお客さんが、常連として複数お見えになる。
共通していることは、還暦を前に、慌てふためいた形跡がないこと。
いずれ終わりが来る仕事、還暦、年齢に対して、辞める決心と同時に 「孤独力」 があるんだよね。

肩書のない一個人に戻り、バーカウンターで過ごしている姿を見ていると、気持ちの整理をつけながら、本音で生きることを決めた、気構えを感じてしまう。
過去を脱ぎ捨てて、後ろを振り返らず、今を明るく生きる人は 「クラシックカー」 になるんだろうね。

「古いけど、ポンコツではない」  (アーノルド・シュワルツェネッガー)

これこそ、男の 「ファイナルファイト」 である。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

NATIVE SON

今年の夏は、暑すぎてたまらん…

そう体感するのも、体の耐久力が落ちてきたせいなのか、こういうときほど 「燃焼系ジャズ」 ならぬ  「燃焼系フュージョン」 も、聴きたくなるから不思議である。

サウンドタイプは多種多様だが、ジャズの即興性を基盤にしながら、キャッチーなメロディがすこぶる。
だけど、カンタンな完成度じゃないもの…  これがむずかしいんだ。

ボクの視点から、フュージョン音楽を探求したとき、80年代前半に日本のフュージョンシーンを席巻した本田と峰が率いた実力派集団 「ネイティブサン」 は、音楽性がしっかりしたグループのひとつだった。

作品の中でも、セカンドアルバム 「サバンナ・ホット・ライン」 はアフリカをテーマに、野生動物が生息する大草原の一本道に誘われているようで、いまだに 「真夏の愛聴盤」 である。

BGMとしてのフュージョンもいいけど、本音を言えば、音楽としてのテンションやスリルには欠ける。
だから、内容のいいものほど、目立つとも言えるだろう。

フュージョンブームのとき、周りは質の高い外国フュージョンが満ちてたけど、日本のエッセンシャルなフュージョンもそれなりに聴いていたからね。

ジャズもそうだが、音楽の派生がどこのだれであれ 「いいものはいい」 という、当時からの感覚だけは 大切にしてきたつもりではある。

余談だが、高校一年生の4月、新潟市公会堂でピークの絶頂だった 「ネィティブサン」 の生演奏を   聴いたことが影響したのか、インストの原点らしきジャズへ、急速に傾倒したことは言うまでもない。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Jazz & Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

女性は強し

男同士、年の差のつきあいはむずかしいが、女性からは、ホッと癒される時間を与えられるときがある。

先月、新潟市出身で横浜在住の女子大生から、肩の凝らないポストカードをいただいた。

徐々に 「大人字」 になっている、文章の末尾には、こう記されていた。
「たまにお風呂につかりながら、マスターのブログをチェックしています」  少しドキッとした。

エッセイやコラムといえば、やや聞こえはいいが、そこらへんにいる 「おやじの放言」 である。
だから、理解しにくいだろうし 「かい離」 した世界かも知れない。

決して若者に好まれそうな内容ではないし、語彙に違和感もあるだろう。
少しエッチな描写もあれば、半世紀を生きた男の毒舌や風刺、我流の表現も随所にあるはず。

女のほうが、素直に文章を理解できるようだ。
男になると、不要な使命感に燃えるのか、文章に寛容さを持てない、心の狭さを感じるときがある。

夜の世界で生きる若い女性の中で 「おじさまのアイドル」 と呼ばれる子の共通点は聞き上手だ。
「聞き上手」 だから、いづれ 「話し上手」 となり、同時に 「理解力」 が養われてくる。
こうして、女性としての内面が磨かれるから、将来は 「相談できるママ」 になれるんであってね。

若いときなら、顔やスタイルで収入と地位を手にできても、その見た目は年齢で目減りしてくる。
ここはハッキリさせておきたいところだが、経験から得た教養は、内面からにじみ出てくるものだ。
ある程度の年齢に達したとき、装飾的な外見は置いてきぼりにされ、内面的な価値観が優先される。

若い女性が年上の男性と一緒にお酒を飲めるのは、男の精神年齢に寄り添える受容力があるからだ。
男は女の容姿に影響されてしまうが、それも最初のうちだけで、女の決定打はやっぱり内面である。

ストレス社会において、男には 「3人のママ」 がいるといわれる。
早い話、母親と妻、そして 「夜のママ」 であり、世間で言うところの愛人とは違う。

私生活の相談に乗ってくれたり、時には励まされ、たまには叱られたり、そうそう… 「ヨルタモリ」 で、 ママ役を演じる 「宮沢りえ」 のような存在に近いかな。
だけど、独り占めできないし、肉体の安売りをしない存在こそが、3番目の夜のママ。

ママさんは一見 「年齢」 と思われるが、大人の世界で質のいい年上と交流していれば、それ相応の   人格になるだろうし、お客さんとママさんのレベルは 「イコール」 しているものだ。
ただし 「良い方にも、悪い方にも」 と、注釈はつけるけどね。

当店に来店する女性は、どちらかというと 「男前」 「サムライ」 「おかみさん」 の称号が似合いそうな 「第3のOLママ」 タイプが多いので、恋愛を期待するより、友情のほうがおさまりがいいかな。

年齢問わず、大人の世界で 「会話」 と 「愛嬌」 を学びながら、生きている女性は強し !
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

2015 August

ジャズとウイスキーを愉しみ、時間を寛ぐ大人の空間

(8月 定休日)     
       2日(日) 9日(日) 16日(日) 23日(日) 30(日)

       ( お盆はカレンダー通りに営業致します )

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
 定休日    日曜 (連休の場合は営業致します) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席あり


 (取扱いメニューの一部をご紹介いたします)

 【チャージ】  ¥600 

 【ビール】 ・カールスバーグ ・クワーズ ・ハイネケン ・ギネス ・シメイ ・デュベル 他

 【アイラ】 ・ラフロイグ ・カリラ ・ボウモア ・アードベック ・ラガヴーリン 他

 【スペイサイド】 ・クラガンモア ・マッカラン ・グレンリベット ・グレンフィデック 他 

 【ハイランド】 ・グレンモーレンジ ・タリスカー ・オーバン ・スキャパ 他

 【ローランド】 ・オーヘントッシャン ・トバモリー ・グレンキンチー 他

 【キャンベルタウン】 ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン 他

 【スコッチ】 ・デュワーズ ・シーバスリーガル ・バランタイン ・オールドパー 他

 【アイリッシュ】 ・ブッシュミルズ ・ジェイムソン ・カネマラ ・ターコネル 他

 【バーボン】 ・ブッカーズ ・ベーカーズ ・ノブクリーク ・メーカーズマーク 他

 【ジャパニーズ】 ・余市 ・宮城峡 ・伊達 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズ 他

 【カクテル】 ・ミントジュレップ ・ゴッドファーザー ・ラスティネール ・ロブロイ 他

 【フード】 ・オリーブ ・オイルサーディン ・ピクルス ・レーズンバター ・ピザ 他

 セット料金 ¥ 1400 で、ボトルキープも行なっています。

                              メニュー表 ご用意しております。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする