2015年06月15日

無題雑記 10

14日 Kちゃんの着信履歴に気づいたのは、二度寝で目覚めた午後3時ごろ。

電話をかけなおすと、昼から笹口のパチンコ店でプロレスが開催されるから、複数で観に行かないかの誘いであったが、時すでに試合終了時刻をさしていた。
電話を直に取っていれば、サッサと着替えて、今日は一味ちがう休日だったであろう。
予告なき誘いは、タイミングを逃してしまったが、声をかけてもらえることはありがたいもんだ。

その後、二度寝の後悔と徒労感でダラダラ過ごしていたが、どうも自分に対して納得がいかない。
時間が押している、週一度の休日。
本当にこのままでいいのか、何かやることはないのか、次第にあせりもでてきた。
年齢から押し寄せるあせりなのか、なにもしないこの不安感はいったいなんなんだ。

シャワー上がりの、アイスコーヒーを飲みながら考えた。
今からでも、映画館へ行けるし、少し足をのばせば、スパで汗を流しマッサージにも行ける。
お酒を飲むには早すぎる時間だが、このまま自宅にこもっていてもつまらない。
どこでだれと何をするかも、まず予定がないんだから、とにかく外出しなければ、何もはじまらない。

日暮れが長くなったので、腕時計を見ていないと、生活感覚がわかりにくい。
社会は陽の長さではなく、時間軸で行動しているから、まだ陽が明るいのに街の人影は少ない。
ボクの稼業からすれば、午後6〜7時は宵の口も宵の口なので、時間を得した気分にひたれるけれど、明日から仕事がはじまる人なら、自宅でお風呂を沸かすような時間なのかな。

その場所、万代であっても、変わり映えのない、閑散とした日曜日だった…  今週も ガンバルマン!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする