2015年06月08日

湯上りの王様

7日 夜9時過ぎ、洗面用具を自転車のカゴに積んで、大急ぎで銭湯へ向った。

閉店時間がせまる、湯上りの脱衣場の雰囲気が好きだ。
バスタオルで汗をふきながら、週刊誌をダラダラと読んだり、テキトーなテレビチャンネルを眺めたり。
たまに番台のネコが足元に近寄ってくるので、のど下を指先でなでてやると気持ち良さそうな顔をする。

湯上りは自宅でビールを開けるので、銭湯で飲料水を飲むことはなくなった。
女湯からは、甲高い笑い声や話し声が響いてくるが、男湯ではほとんど会話がない。
湯上りの脱力感に、男のやすらぎがあるからだと思う。

日曜 夜の街は、店も客も背を向け合っている。
以前、帰り道に焼鳥屋があったので、ひとりで一杯つけていたが、今はその店もなくなってしまった。
ゴーストタウンに近い日曜の夜はどこか寂しいが、その寂しさこそが日曜の魅力だったりするものだ。

今晩も最後の客になったが 「湯上りの王様」 気分でのれんをあとにできるのは、それもまた良し。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Shower Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

サードプレイス

撮りためした、日曜夜のトーク番組 「ヨルタモリ」 を見ていたら、ずいぶん共感する部分があった。

ゲストは、歌舞伎俳優 「松本幸四郎」

本人いわく、食事と会話の席は、分けていたいという。
タモリいわく、食事をしながら、仕事の話はできないという。

食事が会話を止めるのか、会話が食事を止めるのか、どちらかのモードにはしておきたい。

松本幸四郎は 「バーは飲んで会話をすることで、人との時を刻む場所である」 と話を締めた。
タモリは 「昔は、扉を開ければ、だれかしら知人がいて、自然と会話が流れた」 と振り返った。

「サードプレイス」 (第3の居場所) こそが、大人の証である。

小学生のころ、給食の時間は楽しみだったけど、それは共食することでクラスの和を満たすもの。
本当の楽しみは昼休みにあり、天候次第でグラウンドか体育館、友人次第で図書館や教室で遊んだ。
図式的には、大人社会であっても、一次会が食事 (給食) 二次会が会話 (遊び) であろう。

形式的には、この5年ほどは一次会で解散、二次会も同様の店で過ごすような風潮に代わってきた。
言い表せば、飲んで会話をする機会が減り、不況の影響からか、二次会を避けるようになった。
それだけ 「自分の顔が利く店」 (サードプレイス) も、なくなっていると言えよう。

何も常連にならなくても、中高年にもなれば、それなりに知る店の1〜2軒は持っているもの
そういうのは、社会を広く知る意味でも、コミュニケーションの発展に欠かせない場所だった。

タモリは 「笑っていいとも」 に代表されるように、あれだけの個性あふれるゲストを初対面にしても  年齢性別も分け隔てなく、コミュニケーションをとれるのは、サードプレイスを持っているからだろう。

自分の身の丈に合った、リラックスできる場所があって、仕事も私生活も充実するんじゃないかと思う。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

わが家はせまい

3日 身支度を済ませて、出かけようとしたそのとき、激しい雨が降りだしたので外出を見合わせた。

日曜、リビングのエアコンを省エネタイプに買い換え、今日を指定日に取り付けを完了した。
例年になく気温が高まる中、今年はエアコンの需要がフル稼働らしい。

わが家は、物持ちが良すぎるようだ。
リビングで使っていたエアコンは、ボクが東京でひとり暮らしをしていたときのモノだから、もうかれこれ 20年は使用したことになる。
同じ日にオーブンレンジも届けてもらったが、これも妻が東京でひとり暮らしをしていたときのモノで、  25年は使用したと聞いてる。

どうして、わが家はこんなに物持ちがいいのだろうか。
結婚前後、おたがいの部屋の耐久消費財 (シロモノ家電) を比べて、年式と性能が良い方を新生活に取り入れて、それ以外の家電は買い揃えた。

その後、使用頻度の高い家電は買い換えたが、いまだに故障もなく役目を果たしているモノもある。
それに、家電製品は使い方によって、耐久年数は変化するし、昔ほど故障頻度もなく高性能になった。
ただし、多機能なほど耐久年数は短くなるらしく、今回のエアコンは12年ほどが一応の目安だとか。

先々、買物は夫婦の寿命に合わせるので、基本カンタン操作の 「オン・オフ」 程度で十分となる。

還暦には 「マッサージチェアー」 を欲しいが、せまいわが家には置き場所がない…   _| ̄|○
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

わが家へようこそ

毎週月曜 池井戸潤の原作ドラマ 「わが家へようこそ」 を録画予約している。

劇中、倉田家の難事件に挑む 「沢尻エリカ」 が、颯爽としたライター役を演じている。
沢尻エリカといえば、あのプッツン会見が有名だが、劇中の彼女はとても同一人物とは思えない。

彼女とて人の子、イラ立ちもあれば、仕事に意見をもつこともあるだろうが、説明が下手なんだろうな。
しかも、主観を大切にするあまり、ときに攻撃的となるんだと思う。
それが 「わがまま」 「あつかいにくい」 につながるのだろうが、どんなに世間からバッシングされようがしたたかに受け流せる芯の強さも感じる。

男が彼女を口説くとき 「生意気な態度をとっているけど、本当のエリカはさびしがり屋なんだろ…」   なんて、浮いたセリフを吐くと思う。
そうしたら、彼女は 「えっ、なんでわかるの…」 なんて、言うだろうと錯覚するのが、間抜けな男。
ところがどっこい、彼女は 「アンタ、バカじゃないの!」 と言いそうなタイプなんだ。

男に媚びない女は、大人としてどこか深みがありそうだが、独りよがりのダダっ子にも受けとれる。
つきあうには 「バクチ」 みたいな女性かも知れないよね。
それに、彼女のダンナは50歳とか聞くけど、ボクと年齢が同じだからわかるような気もする。

このドラマ、しょうもない男役ばかり登場するから、そのぶん女役の個性が目立つ。

その中で、思わずファンになってしまった女優がいる。
倉田家の父親が出向した会社のOL役を演じている 「山口沙弥加」 (知らなかったなあ)
バツイチで母親の介護をしながら、派遣社員で総務課に勤務する、推定年齢35歳。

役柄、どこか影をもちながら、理不尽なことには凛とした態度で挑み、公私にも基準をもっている。
もし、彼女が実在する人物なら、きっといい男に言い寄られるんだろうと思ってしまう。

逆パターン、男に媚びるタイプは 「女ならだれでもいい男」 に言い含められやすい。
結果、浮気を繰り返されてりゃ世話ないわけで 「それなら、私も浮気させてもらいます」 と言うぐらいの女じゃないと、男の取扱いは難しいと思う。

フィクションながら、彼女は男や権力に媚びない、カッコいい 「理想のOL」 なんだよな。
それは、パーフェクトではなく、不器用だけど理解力があるから、男として守ってあげたくなるタイプ。

最終回に向けて、倉田家と父の会社がどう交わって、どこに伏線があるのか合点がない。
犯人は他にもいるはずだが、もし、山口沙耶加 演じる 西沢摂子 がからんでたら、ショックだなあ。

久し振りに、ドラマに夢中になっている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

食のエンジョイ

過去 近い海外旅行に出かけた際 「これはうまかったなあ…」 と舌が記憶した味はいくつかある。

韓国で食べた 「スルメキムチ」 は、スーパーへ並ぶようになり、ビールのつまみになによりだ。
サイパンの朝食バイキングで食べた、モチモチとした食感をもつ、アメリカ産 「生ソーセージ」。
これも常用のスーパーに並びはじめ、やや高めながら、ビールのつまみとしてカゴに入れた。

ボクの美味しいものは、仰々しいお取り寄せとか、フェアで売られる逸品とかじゃない。
普段から、どこでも手にすることができるもの。
人によって、高級食材や有名ブランド食品に目が向くだろうが、ボクにはもうそれがない。

まぼろしの部位と言われても、自分の食卓において、身近であるかということ。
ただ空腹を満たす食事だけでは空しいが、年齢的に味わいの境界線はできているんだろうね。
突き抜ける味わいは求めてないし、とんでもない味わいもないから、このへんでちょうどいいんだ。

食のエンジョイとは、身近に流通されているものを、心穏やかに食べるのが一番のごちそうである。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

2015 June

ジャズをBGMにお酒を愉しみ、健全な会話で寛ぐ大人の空間

(6月 定休日)     
       7日(日) 14日(日) 21日(日) 28日(日)

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
 定休日    日曜 (連休の場合は営業致します) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席あり


 (取扱いメニューの一部をご紹介いたします)

 【チャージ】  ¥600 

 【ビール】 ・カールスバーグ ・クワーズ ・ハイネケン ・ギネス ・シメイ ・デュベル 他

 【アイラ】 ・ラフロイグ ・カリラ ・ボウモア ・アードベック ・ラガヴーリン 他

 【スペイサイド】 ・クラガンモア ・マッカラン ・グレンリベット ・グレンフィデック 他 

 【ハイランド】 ・グレンモーレンジ ・タリスカー ・オーバン ・スキャパ 他

 【ローランド】 ・オーヘントッシャン ・トバモリー ・グレンキンチー 他

 【キャンベルタウン】 ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン 他

 【スコッチ】 ・デュワーズ ・シーバスリーガル ・バランタイン ・オールドパー 他

 【アイリッシュ】 ・ブッシュミルズ ・ジェイムソン ・カネマラ ・ターコネル 他

 【バーボン】 ・ブッカーズ ・ベーカーズ ・ノブクリーク ・メーカーズマーク 他

 【ジャパニーズ】 ・余市 ・宮城峡 ・伊達 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズ 他

 【カクテル】 ・ミントジュレップ ・ゴッドファーザー ・ラスティネール ・ロブロイ 他

 【フード】 ・オリーブ ・オイルサーディン ・ピクルス ・レーズンバター ・ピザ 他

                              メニュー表 ご用意しております。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする