2015年05月19日

和して同ぜず

大阪都構想の住民投票に、大阪市民は 「NO−」 と判断し、維新の会の代表である橋下市長は、    任期満了で政界を引退することを表明した。

個人的に賛成反対、橋下好き嫌いの感情はなく、結果どうあれ 「男らしい引き際だな」 と感じた。
彼の魅力でもある、イエス・ノーを示し、リーダーとして先陣を切り、リスクをとった。

対立軸からすれば 「ほら、ざまあみろ」 になるんだろうが、負けたとはいえ、あの信念を貫く姿勢は  「敵ながらあっぱれだった」 というのが、礼儀のような気もする。

彼は自らを 「権力は使い捨て」 と言い放ったが、その才能はだれもが認めるところであるから、    その存在価値は十分あると思われる。

彼いわく、好かれることはいいことなんだけど、彼は政策のため、好かれようとして生きなかった。
敗因があれば、このあたりのイメージも影響したと思うが、あの主体性は魅力的なんだよな。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする