2015年05月09日

珈琲健康法

コーヒー党には朗報だ。

ニュースによると、ある医療機関が過去19年間、延べ9万人を対象に追跡調査をした結果、コーヒーを1日3〜4杯飲む人は、飲まない人に比べて、病死の死亡率が25%ほど低いだとか。
カフェイン成分が、血管や呼吸器の動きを良くしているとされていたが…  本当かなあ。

長年、1日5杯以上、コーヒーを飲んでいるけど、ここまで大病をしたことはない。
だけど、お酒を飲むと顔が赤らむ方だから、血流はいいのだろうが、なんで下半身の血流が悪いのかは納得がいかんし、だいたい健康の常識なんてかんたんにくつがえることもある。
スポーツ中、水は飲んじゃダメ、足腰の鍛錬にはうさぎとびがいいなんて、全部くつがえされたじゃん。

コーヒーは、大人の飲み物という認識はある。
カフェインが脳を刺激して眠れなくするから、あまり飲みすぎるなとは言われていた。
気休めのタバコと相性が合うもんだから、コーヒーも不健康の代名詞と思いこまれていたようだ。
詰まるところ、飲み方なんだと思うが。

深刻な社会問題になっている、危険薬物 (危険ドラッグ) を吸引するのは、意外と普段はおとなしく、酒を飲めない人が手を出しがちと聞く。
薬物の力で、極端な行動に走るから、手におえない事件がおきるようだ。

やっぱり、少しお酒を飲めるぐらいが、日常のストレスを発散できる。
上手な飲み方を知っていれば、なおのこと心身のバランスも保てるもの。
仮にお酒が体質に合わなくても、引け目を感じず一緒に楽しめるのが、場の心得だったりもする。
それが年中 「健康のためには…」 なんて、歯止めの利かない話をされたら、シラケちゃうからね。
まあ、人に押しつけない、自分なりの健康法で生きるのが一番である。

コーヒーは気分をおちつかせるため、ウイスキーは会話を弾ませるため…  これがボクの健康法だ。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

掘りの和金

今年はさわやかな5月を通り越して、いきなり初夏になりそうな気配がする。

7日 午後2時半、乗るバスを間違ったことに気づいて、途中下車した停留場が市役所前。
そのあと、正規のバスを待つ10分ほどの間、白山神社の塀に沿うように流れる掘りを眺めていた。

そこには、金魚すくいの定番 「和金」 が、小さな群を作ってゆったりと泳いでいた。
和金は環境に適応しやすく、品種改良された金魚より、丈夫で長生きをする。

6日 水族館で観賞魚を見て回ったが、ボクらの世代は金魚の中でも和金になじみがある。
近所の床屋や食堂の片隅には、コケでおおわれた水槽や金魚鉢には、和金か出目金がいた。
聞くと決まって、子どもが縁日の金魚すくいで取ってきたとかいう。

最初はカワイイと思って飼うが、大概は飽きて見向きもしなくなる。
観葉植物であれば、和金はサボテンと同じで、少しものぐさ感があっても飼育に適している。
きっと、掘りの和金も飽きられたか、飼いきれなくなったから、ここに放流されたのだろう。

和金は庶民の遊び道具にされた後、適当に鑑賞されて、飽きたら見捨てられる運命にある。
ところがどっこい、和金は丈夫で環境に適応しやすく、もとをたどれば金魚の祖先なのだ。

そんな和金を上から眺めながら 「人間を嫌ってるんだろうな」 と思いつつ、能動的に生き抜こうとする 生命力は大したもんであり、ボクが知る和金は20年以上は生きたとか聞いたなあ…

「おっ バスが来た」  今度こそ乗るバスを間違わないようにしなければ…  クソッ 二度払いだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

無題雑記 8

GW 最終日となった6日。

妻と水族館 (マリンピア日本海) に出かけた。
入館したのは、やや人が引いたであろう3時近くで、館内をゆっくりとめぐり歩けた。

東京在住時、閉園間近の上野動物園の雰囲気が好きだった。
ゲージの動物たちが、ねぐらに戻る時間になると、夜行性動物がにわかにさわがしくなる。
沈みこむ夕陽が園内を照らすと、休日の終わりを告げられたようで、寂しさがまとわりつく感じがした。

日本海の夕陽も、どこか似たようなおもむきがある。
明日からの気力を取り戻すはずだが、実際はどこか言い知れない寂しさに見まわれたりね。

夕映えがさしかけた、水族館の敷地内。
新緑が薫る遊歩道のベンチで森林浴をした後、そのまま散策しながら護国神社へ向った。
もう5時を回ると、ほとんどの人影が薄れ、昨日の慰霊みこしの賑わいがウソのように静かである。

実は参拝なんて、ほどほどいい加減だった。
ボクは神さまなど信じていないし、信仰宗教もないから、それは気休めでしかなかった。
だけど、念じる覚悟が神さまになる気がして、最近は遊び半分では拝まず、本気で拝むようになった。
だから、その瞬間だけでも 「真剣に拝むべきものがあることは幸せである」 そんな気もしている。

帰宅は夜の8時ごろで、連休最終日となる残りの4時間。
家族団らんで過ごしている人もいれば、ひとりで気を休めている人もいるだろう。
小さな子がいる家庭では、お風呂上りに寝かせつけてから、ようやくおちつくころだろうか。
夫婦でお酒をたしなんだり、寝室で大人の時間を過ごしたり、明朝へのわずかなやすらぎである。

約4ヵ月ぶりの二連休は 「自分たちだけのために使わせてもらった」 久し振りの夜であった。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

さすらい気分

カレンダー通りの人からすれば、今日3日は連休2日目になるのかな。

旅行に出かけた人もいれば、近場で娯楽をすませる人もいるだろうし、どこかにいきたくなるのは情。
まして、連日の好天であればなおさらのこと。

80年 野口五郎が歌ったドラマの主題歌 「さすらい気分」 の歌詞が好きだ。

青空 見てたら どこかにいきたくなったよ
机に お金並べてみた 遠くはいけないね
それでも 1日 泊まれるぐらいはあるから あの子に電話してみようかな おそらく断るね
〜  ただ ひとり 出かけよう …

長期休暇を持て余した、青年の心情をつずった歌詞は、今でも時おり頭の中で自然と鳴り響く。

大人になると海外旅行に出かけたり、いろんな交通手段で国内の観光地を巡れるようになる。
だけど、40歳も過ぎたころから、バカンスに好奇心が薄らいできた。
しかも、経験したことであれば 「もういいかな…」 そんな気持ち。

だが、休暇の気分だけは味わいたい。
答えは人によるだろうが、現実の中のボクは、昼は自転車でフラフラ、夜は酒場をフラフラしているのが性に合っているような気がしている。
きっと、無計画でめんどうくさがり屋だから、そういう過ごし方しかできないのかもね。

この時季、少しだけ 「さすらい気分」 でいたいかな …
posted by GIG at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

5月の青空

ゴールデンウイークのはざまとなる、4月30日と5月1日の2日間。

30日 まだ日が明るい夕暮れに、ぼんやりとコーヒーショップで過ごしていた。

一席ずつ空けた間隔には、40代の主婦と思しき女性たちが、どこか無力感に見えた。
夫は仕事、子どもは学校、家事を済ませ、買物ついでのひとときを、帰宅時間まで調整しているようだ。
ボクの見る気分にもよるが、まんざら勘違いでもないであろう。

日中、家の留守をあずかる主婦として、大型連休ほど自分の生活リズムを崩しやすいと思われる。
家庭に不満はないが、おたがいの実家へ行って、何かの話がこじれてややこしい局面になったり。
それにこのところ、夏日のような暑さのため、逆におでかけ日はヘコみそうになるとか。

休日だから、自由時間が削られたり、気が休まらなかったり、それに劇的な出来事も期待できない。
無力感の正体は、あんがいそんなところにあり、5月の青空を恨めしそうに見ているのでは。
そんな夕暮れこそ、無力感に似た解放感にひたっていると思うのは、男の妄想であろうか。

本当は、5月7日の朝が来ることを一番待ち望んでいるのは、意外にも主婦なんじゃないかな…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

2015 May

ジャズをBGMにお酒を愉しみ、大人が安心して寛げる空間

(5月 定休日)
 
5日(火) 6日(水) 10日(日) 17日(日) 24日(日) 31日(日)

(GW期間中 3日(日) 4日(月) は 通常営業いたします)

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 26:00 (平日・祝日) / 27:00 (週末・祝前日)
 定休日    日曜 (連休の場合は営業致します) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席あり

 取扱いメニューの一部をご紹介いたします

 【チャージ】  ¥600 

 【ビール】 ・カールスバーグ ・クワーズ ・ハイネケン ・ギネス ・シメイ ・デュベル 他

 【アイラ】 ・ラフロイグ ・カリラ ・ボウモア ・アードベック ・ラガヴーリン 他

 【スペイサイド】 ・クラガンモア ・マッカラン ・グレンリベット ・グレンフィデック 他 

 【ハイランド】 ・グレンモーレンジ ・タリスカー ・オーバン ・スキャパ 他

 【ローランド】 ・オーヘントッシャン ・トバモリー ・グレンキンチー 他

 【キャンベルタウン】 ・スプリングバンク ・ヘーゼルバーン 他

 【スコッチ】 ・デュワーズ ・シーバスリーガル ・バランタイン ・オールドパー 他

 【アイリッシュ】 ・ブッシュミルズ ・ジェイムソン ・カネマラ ・ターコネル 他

 【バーボン】 ・ブッカーズ ・ベーカーズ ・ノブクリーク ・メーカーズマーク 他

 【ジャパニーズ】 ・余市 ・宮城峡 ・伊達 ・山崎 ・白州 ・響 ・イチローズ 他

 【カクテル】 ・ミントジュレップ ・ゴッドファーザー ・ラスティネール ・ロブロイ 他

 【フード】 ・オリーブ ・オイルサーディン ・ピクルス ・レーズンバター ・ピザ 他

                              メニュー表 ご用意しております。

posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする