2015年04月26日

新緑感覚

主役が交代した。

満開だった桜の木も、今では新緑香る葉桜になった。
東大通から、萬代橋の西詰めにかけた両側には、彩り鮮やかなチューリップが並んでいる。

毎年 「サクラ」 から 「チューリップ」 へ、花の王道が連係されると、初夏を感じるものだ。
これから 「ツツジ」 や 「キンモクセイ」 なども、主役をサポートするであろう。

準主役な樹木の中に、ラブラ万代の正面入口に植えてある、複数の木も同じこと。
花は咲かせはしないし、何の木かもわからないが、わざわざ調べる気もおきない。

だけど毎年、この木の新緑を見上げるたびに、不思議と生かされている感覚となる。
「ヨォ! 今年もオレはちゃっかりと、この街で生きているぞ」 … こんなセリフかな。

その木は、だれかが見とれたり、気づかれたりするほどの華やかさはない。
ボクと木にしかわからない、何となく存在をささえあっているような感覚。
だれでも、身近にフッと安心させてくれるような、人やモノ、自然って、あるんじゃないかな。

このところ、気候も安定して過ごしやすいと思いきや、お店の蛇口をひねるとまだまだ水は冷たく、    その濡れた手でガスの元栓をタテにした。

夜はまだ、肌寒いし、水がはっけ (冷たい) なあ… 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする