2015年04月11日

選挙公報

新聞で県議会の広報が発行されず、有権者から 「訴えを知る機会がない」 と声が上がっているが、   もっともな意見だよな。

中央区市議選の、選挙公報は読んだ。
政策アピールはわかったけど、これだけじゃ候補者の資質がまるで見えない。
街中の演説はたいそうだけど、ディベート力がわからないんだ。

民意を吸い上げて、議会に提出するまでなら、コレ、手続きだよね。
しかし、本当の能力は実行上、理論的に説得できる、ディベートにあるんじゃないかなあ。
それに、人望を得られる質疑応答じゃないと、伝わるものも伝わらない。
だからと言って、正論と詭弁に酔いしれられても困る。
言葉に確信がこもっている人を支援するべきだと思う。

理論上、投票基準の絶対条件のひとつに 「しゃべれること」
候補者の経歴は参考ながら、顔写真の良し悪し、学歴や前職なんて付録だと思っている。

例えば、政見放送などで、ひとりパフォーマンスを見るぐらいなら、朝までテレビ方式で、選挙前の論戦 (前哨戦) を聞いてみたい。
候補者をひとつのテーブルに着かせ、複数テーマで議論させれば、議員能力はすぐにわかるでしょ。
選挙前の前哨戦は、遊びじゃねんだから、そのうち必要になってくると思う。

それは、だれでも立候補できるものではない、資質とか抑止って部分を見極める意味もある。
近年の議員は、記者の質問に号泣したり、セクハラヤジを飛ばしておきながらすっとぼけていたり、    女子中学生とラインでトラブルを起こしたり…  なんじゃらほい ?
有権者に電話で世論調査をするんだから、市議選でも候補者調査をしてもらいたい。

広報や演説は、筋書きモノだから、ディベート力とは思えない。
最近では、投票率が少しアップしているらしいが、それは 「ハードな部分」 が進化したからであって、決して 「ソフトな部分」 が伝わったからじゃない。
投票率を上げたければ、立候補者の政策議論をさせるべきなんだ。

そうならないと、結局は表紙 (ポスター) で、選ばれるようなもの。
これじゃ、供え物を選ぶのと変わりはないし、政党公認は包装紙みたいなものでしょ。

3日の記事とは、対極的な内容を記したけど、これが車であれば 「情」 と 「理」 は、両輪になるから、どちらにも偏りすぎない、バランス軸は必要だと思っている。

選挙当日、棄権はしないし、白票を投じることもせず、自分が住む地域だから、だれかには投票する。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする