2015年03月27日

無題雑記 2

選抜高校野球の第三試合で、満塁ホームランの快音を後にして、妻と外出した。

万代シティの遊歩道では、ファッショナブルな若者たちを中心に街中が活気ずいていた。
いち早い流行を取り入れる若者からすれば、万代は刺激のある街であることには違いない。

80年代半ば、高価格の 「デザイナーズ・ブランド」 が流行した。
しかし、DCを着こなして行けるお店が、新潟には絶対数少なかった。

そのとき代表格になったのが、ディスコやガラス張りのカフェバーなどのオシャレなお店。
それなりのロケーションじゃないと、少しカッチリしたフォーマルなファッションは映えないからね。

DC旋風に圧された、このころかな…
ジャージ姿で古町を歩いていたボクは、こんな 「アホなカッコ」 は、もう終わりだと思ったのは。

万代では、年代的なアイテムが違うので、次第に行く店は限定的となる。
ファッションの感性も低いせいか、そんなに着るものにこだわりはない。

肉の焼き方なら、硬くもなく軟らかくもない 「ミディアム・レア」 ぐらいで十分。
もちろん T P O は合わせるけど、もうパーティーへ出かけることもなくなった。

だけどいくつになっても、さりげない普段着で目立たず、街の風景に溶けこんでいたいね。
posted by GIG at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする