2015年03月10日

ほたるいか

職業上 「夜行性」 だから、今年の夏に 「ホタル鑑賞 日帰りバスツアー」 なんて企画があったら、 ぜひ参加したいと思っている。

そんな、ホタルはホタルでも、今が旬の 「ホタルイカ」 が好きだ。
食べ方はいろいろあるが、酢味噌と和えてプチッとした歯ごたえの後、甘みが広がるのがいい。
旬なだけに、この時季は鮮魚コーナーをめぐる回数も増してくる。

だけど、ショーケースを眺めていると、意外にも売れ残りが多い気もする。
名産地の富山と同じ、日本海の新潟でありながら、あまり食卓に並ばないのかなあ。
生のホタルイカは、ワタに寄生虫がいるから、ボイルしないと危なっかしいという。
それとも、プチッとする食感がイヤだとか、食べごたえが物足りないのだろうか。
旬ながら、食べた話はあんまり聞かないね。

ボクが居酒屋で最初に注文したくなるのは、「ぬた」 である。
それも青柳にやりいかに長ねぎ、わかめやわけぎを和える。
ようするに、酢味噌で和えている小鉢料理が好きなんだろうな。

その小鉢なんだけど、「お通し」 のイメージがつきまとい、若いときは注文することはなかった。
だけど次第に食が細くなるにつれ、少量ながら味わい深いものに変わってきた。
酒を飲みながら 「ボリューム」 なんてキーワードはないから、前ほど大味は求めなくなっている。

食卓の小鉢に高く盛りつけるホタルイカであるが、いつまで鮮魚コーナーに並んでいるのかな。
夕方のスーパーで、ドリップ(汁)がたまったラップの上に、割引シールが貼られているのはイヤだから、選ぶときは少し 「目利き」 が必要となる。

その次は、春キャベツで 「揚げ春巻き」 を食したい。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする