2015年01月03日

本屋めぐり

毎年 1月2日は、個人的な慣わしで、「本屋めぐり」 をする。

別にコレと言うお目当ての本はなく、正月のユルーい空気の中をふらついていたいだけのようだ。
それに何も買わなくても、ただ背表紙を眺めているだけでも楽しいからね。

それでも、本屋にはよく足を運んでいる。
読みたいと思ったときが旬なので、あまり間を空けるとタイミングを逃してしまいそうでね。

とは言っても、難しい本は読めない。
パッとタイトルを見て、目次に目を通して、読みやすい文体かで決める程度。

だから、長々と立ち読みすることはなく、カニの横歩きをしながら、Z目線で大雑把に探す。
強いて言えば、ノンフィクション志向のようだ。

近年、本を読まなくなった若者を嘆く、「社説世代」 の声を多く聞くようになった。
実際、これだけ本が多いと、若者は何から読んでいいか戸惑うと思うが、目にしている活字そのものが   読書であっていいんだ。
それが新聞や雑誌、マンガであろうと、ネットで読む小説であろうが。

「読まねば」 の意識が強すぎると、素直に読む気持ちが損なわれ、内容をとらえられなくなると思う。
だから、解釈上の言葉ばかり考えてしまい、どこか浮ついた感想になっていたりする。
そうなるぐらいなら、自分が読みやすいと思うツールから入り、その延長でいろんなジャンルに興味が   広がることのほうが自然である。

近年、街の小さな本屋は消えている。
書店の規模はどんどん大きく多様化され、いたずらに本の数も増えてきた。
選べる喜ばしさはあるが、あまりにも 「多数派」 のためのチェーン展開に様変わりした。
しかし、読書好きほど 「少数派」 になっているんだから、これも大型複合化時代のあおりであろう。

経営である以上、利益は出さなきゃ行けない。
だけど、本にさわやかなこだわりをもっている店員さんって、今はどのくらいいるんだろうね。
ひとつの質問をしたら、それ以上の答を返してくれるような、そんな一途な愛らしさとでも言おうか…

どんな分野であれ、たまにフッと思うことがある。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

2015 January

ジャズをBGMにお酒を愉しみ、健全な会話で寛ぐ大人の空間

(1月 定休日)     
       1日(木) 2日(金) 4日(日) 12日(月) 18日(日) 25日(日) 
 
(営業時間の変更について)
       
  本年より、平日の営業時間を 19:00 ⇒ 26:00 とさせていただきます。
  週末は引続き 19:00 ⇒ 27:00 となります。

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間   19:00 ⇒ 26:00 / 27:00
 定休日    日曜日 (連休の場合は営業致します) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席 あり


つれずれなるままに…

過ぎた時間の長さに驚かせられ、心身ともに疲れた2014年
だけど空しい疲れではなく、報われた疲れだった。
それを緩和してくれたのが、まぎれもなく 「人の情」 であった。

僕の半世紀は駄作ながら、晩年は、「凡作にすることができりゃいいや」 ぐらいにしか思っていない。
その配役、それぞれ仕事や家庭でがんばり、たまに会って楽しい時間を過ごせるのが条件であってさ。
今後、強いて言えば、女性の配役 (女ともだち) が、キーワードになってくると思う。

これからおとずれる ひとり社会において、異性の友人に癒されることはあるだろう。
恋愛には発展しないけど、異性と接触しているときの 「ときめき感覚」 は、だれにでもあると思う。
だけどつるまないと遊べない、人にさびしがり屋を自認するようでは、逆に内向性に人は離れてしまう。

それに、個のないところから、つきあいなんて生まれてこない。
つまり、個があっての和を知らないと、本当のことって何も見えてなかったりするんだ。

こんな経験はないだろうか。
なんとなく続いている関係だが、気がつけば意外と深い愛情ができあがっていたなんてこと。
それって、近くにいた愛着が積もり積もって、自然とそういう心境になるんだと思える。
ひとりで生きてきて、ひとりの時間の大切さも知っているから、モノの見方も強くなるんであってさ。

2014年を振り返ると、人を陰で支えるたくましい女性の姿をまじかで見たような気がした。
熟年夫婦のスタイル以外にも、たまに一緒にお酒を飲めるような、「女友達」 を作っていきたいね。
これが、2015年以降、僕のささやかな抱負になるかな…

皆さまにとって、幸多い年でありますように、また本年もよろしくお願い致します。
           
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする