2014年11月04日

宿題代行

適当に録画した番組で、「宿題の代行商売」 をめぐり、教育評論家と宿題代行業者が議論していた。

子どもの問題ではなく、親たる大人の問題であり、ついにここまでするようになったのかという印象。

中学二年生の二学期 初日。
夏休みの自由課題をしなかったことで、頭に拳骨を喰らい、渋々でも一週間後に提出した。
今になっては、何の課題をどう取り組んだか覚えちゃないが、はっきりしていたのはやる気がなかった。

高校一年生の二学期 初日。
朝から生徒の多くは、宿題をやってきたやつのノートを書き写していた。
僕も真面目に宿題をやらない生徒だったが、この行為はプライドが許さなかった。
それに空白を書き写したり、正解と不正解をそれらしく操作しても、教師は完全見切っているもんだ。
まあ、宿題に関して、良く言えば 「潔かった」 悪く言えば 「やる気なし」 で、渋々である。

さかのぼれば小学生、宿題や自由研究を手伝う親じゃなかったから、どんなにいい加減で不細工な     出来であれ評価も低かれど、とりあえず自分でやった自負はあったつもり。
あっ、そうそう、自由研究でおもしろい上級生がいてね。
見せてもらったら、正方形のマッチ箱を5段ほど重ね、セロテープで巻いて 「小さなタンス」 だって…
あくる日の休み時間、その上級生は教務室で正座させられていた。
そう、拳骨も正座も代償なのである。

宿題や自由研究を代行業者に委託するのは、鼻持ちならない富裕層かバカ親しかいないでしょ。
一般的な親バカであれば、子どもと一緒にエンピツを口に加えて、ハチマキを頭に巻きながら、      親子で唸っているような光景を浮かべてしまう。
こういう、親バカに育てられた子はグレないと思うし、グレても自ら引き返してくる判断力があるだろう。

だけど、バカ親は何でも人任せにして金で換算するから、そうすると子どもは幼くして、特権的な家庭と  勘違いして、どこか金の匂いがするようになるんだ。
親も狡猾 (こうかつ)で、教師が拳骨や正座をさせられないのを見越してるから、始末にうとくなる。
「親バカ」 と 「バカ親」 … 「バカ」 を前に置くか、後ろに置くかで、意味が違うと思える。

「やらんかった、おめーがわーりんだっけ、拳骨さっても、文句言わんねんろ!」
(やらなかった、おまえが悪いんだから、拳骨をされても、文句言えないだろ!)
今、そのぐらいのことを、子どもに言える親っているのかな。
それに、教師も心得ているから、本気で殴ることはしないし、手加減の中に愛情がこもっているって。

こうして、子どもの経験を親の価値観で奪っていくから、偏った感性で自分探しをする若者が多いし、   異様なまでに、挨拶ができなくなったことを寛容とは言えない。
結局、子どもの問題とか言っても、大人の問題に行き着くと思える。

僕は大学を目指して勉強したことがないから、説得力に欠けるのだろうが、学力がなければないなりに、誤魔化すことはしなかったので、学歴は得られなかったが、人に見栄を張らずに済んだ気はする。

中国のことわざ。
「ある人に魚を与えれば、その人は1日食える。だが、魚の獲りかたを教えれば、その人は一生食える」
理解させることは、きっと獲りかたなんだろうな…
  
まあ、僕に子どもはいないけど、親としてのDNAは備わっているから、考え方は及ぶと思っている。 
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

雨上がり

2日 雨上がりの夕暮れ

澄んだ空気に誘われ、信濃川沿いのやすらぎ堤の土手を、閉じた傘を片手に歩いていた。
そんな万代側から、対岸に見える多くの窓明りは霧がかっているせいか、どこかボンヤリと目に映る。
だれもいない土手を歩きながら、広くあたりを見渡すと、万代周辺は街としての生活機能は整っており   適度に自然も保全されているから、老後を暮らすにはいいロケーションかも知れない。
たぶん、このまま、この街で暮らして行くだろう…

それに萬代橋のたもとでは、水辺の公園スペースも整地されているから、雑然とした騒音に疲れたら、   川辺のベンチで対岸を眺めながら、静かに仕事前のひとときを過ごすのも悪くはない。
その自然の中の静けさについて、今思っていることを書いてみる。

自然の風景を映像で見る分には、音楽は効果的な役割を果たす。
だが、自分が直に見ている風景に、意図しない音楽がズカズカ入ってくると。ジャマになるときがある。
なぜなら、自然の中にこそ、アコースティック (自然の生音) が、映えているからだ。

好きなジャズを聴きながら、目を閉じて耳を澄ますと、普段なら気がつかない音を拾うことがある。
日常生活でも、無音の部屋で寝覚めのコーヒーを飲んでいる時、クリアー感覚になっていることもある。
ウソだと思うんであれば、今この場で3分間ほど目を閉じてみれば、いろんな音を拾えると思う。
「目で聞いて、耳で見る」  そんな感覚じゃないかな…

2年前の春、初めて妻と2人で、上越の高田公園まで夜桜を見に、日帰りバスツアーへ出かけた。
その一角にステージが設営されており、ヒップホップやらジャンルを問わず、さまざまなアトラクションが催されて、その音響が夜風に乗って耳に入ってきた。
音に違和感を覚えたのは、桜を見に行くよりも、桜を感じに行く感覚だったからであろう。

桜の花びらが、ハラハラと舞い落ちる音。
風に枝葉が大きく揺られて、こすれるような音。
観光地化してしまうと、楽しい場所にはなるけど、風情を味わえなくなる。

それなら、昼下りに立ち寄った、弥彦公園の桜の散策道のほうが、まだ自然なアコースティック感を    味わえた気もしたし、そこに増幅装置が加わってくると、どうしても風情は失われてしまうからね。
イベントが五感という視界を、さえぎってしまうこともあるんだ。
つまり、迫力のある桜の強い風景の中においては、音楽がジャマになるときもあるから不思議だ。
それと同じく、花火大会で打ち上がる生音に音楽がかぶると、夜空の画面が台無しになることがある。

春夏秋冬、映像だけでは、聞き取れない自然な音ってあるわけで、料理でも 「さしすせそ」 の配分を入れ間違えると、素材が失われてしまうこともあるからね。
それら風の音だったり、今なら落ち葉が舞い落ちる音だったり、自分の服の衣擦れ音だったりする。

雨上がりの夕暮れ、意識してなければ聞こえてこない音を感じた日であった。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

小さなエピソード

毎週日曜、WOWOWで放送している、ヒューマンドラマ 「株価暴落」 を、楽しみに見ている。

原作は、ドラマ 「半沢直樹」 で、有名な作家 「池井戸潤」
主演は、銀行員役を演じる 「織田裕二」
「人の幸せとは、魂を売ることなのか…」   ここまでの印象である。

ドラマの感想を書くつもりはなく、ここからは織田裕二についてのプチエピソード。
代表作 「東京ラブストーリー」 「踊る大捜査線」 など、実は一度も見たことがない。
作品や俳優としての、興味があるなしではなく、単に縁がなかっただけのこと。
一度だけ、言葉を交わしたことを除いては…

デビュー作は、暴走族の対立を描いた 「湘南爆走族」 とかいう、青春映画だったと思う。
物語のワンシーンは、当時流行った 「プール・バー」 で演じるカットで、ロケ場所は東京蒲田にあった 吹き抜け式の2フロアーの下の階を貸し切っての撮影だった。
(映画の中で、このシーンはあると思うのだが、何せこれも見ていないもので…)

僕はそのころ、新宿を拠点にアミューズメント事業を複合展開をしていたデベロッパーに所属しており、  暫定的な立場ながら、その店のフロアーを任されていた。
撮影の雰囲気が白くなったのか、途中で休憩を告げられると、各自が思い思いの場所に散って行った。
後ほど、撮影クルーがいなくなったのを見計らい、木の板目に沿ってフロアーをモップがけしてたら、
派手な髪型と特攻服に身を包んだ彼だけが店内で、台詞と演技の稽古をしている姿と出くわした。

「あっ、ジャマしちゃったかな」 と思ったが、だだっ広いフロアーで、同世代が2人っきりとなったことに 気を許したのか、さわやかな笑顔で 「ごくろうさまです」 と話かけられた。
だれなのかもわからぬまま、僕も気を良くして、「撮影は深夜まで及びそうですね…」 と返すと、    その流れでナインボールのルールについて質問され、できるかぎり丁寧に答えようとしたのも一瞬。
撮影クルーが散った場所から戻ってきて、会話のはじまりが、あっけなくしぼんでしまった。
あのときの気さくな彼こそ、日本人ならだれもが知る、あの 「織田裕二」 になったんだからね。

それは、数分にも満たない、一瞬の出会いと別れであった…  (笑)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

2014 霜月

【11月 定休日】     
       3日(月) 9日(日) 16日(日) 24日(月) 30日(日)
 
       2日(日) 23日(日) 通常営業を致します。 

 住所     新潟市中央区 東大通2−9−5 
 電話     025−247−1644
 営業時間  19:00 ⇒ 03:00
 定休日    日曜日 (連休の場合は、最終日に振り替えさせていただきます) 
 客席数    カウンター10席  ボックス席 (5〜7名)


つれずれなるままに…

タクシーの車窓から、冷涼な紅葉の色づきを見ながら、今年もあと2ヶ月であることを感じさせられた。

この時季から、毎年同じ台詞を繰り返しながら、年の瀬へと近づいてゆくあたり。

晩秋から、初冬にかけて、時の流れと同じく、年齢も実感させられる今日この頃。

今日も仕事は楽しかったけど、何か疲れた…   寝るわ !

posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Infomation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする