2014年10月21日

ダブル辞任

「私自身、わからないことが多すぎて…」 (政治資金問題における、小渕優子の辞任会見でのコメント)

今日一日、どこのテレビチャンネルにしても、2人の女性閣僚が辞任するニュースばかりだった。
女性の社会進出を形とした、閣僚人事が裏目に出たようでならない。

今となっての 小渕・元経済産業相は、前任のころからマスコミの前に姿を現して、あまり自身の考えを積極的に述べることはしてなかったと思える。
それより、公務に励むほうがひいては国民のためになると、清楚な美貌ながら二世議員らしからぬ     パフォーマンス性を持たないタイプだった。
辞任の理由は意図せずにわいたが、それまでのイメージとして、目玉人事と言われたわりにはしおらしく逆にしゃべらなさすぎたから、「よそよそしさ」 だけが印象が残った。

松島・元法務相については、任命された当初から、その才覚をささやかれていたようだが、そこは同感で地雷になることは大方予想できた。

古今東西、経済の再生を実感してこなければ、消費税はおろか、医療制度や教育制度においても、     手厚い助けがおよびにくくなると思える。
経済的な格差が、人の幸不幸を決めるもんじゃないが、長く強いられることはストレスになる。

そうなると、「あれはやめろ」 「これもだめだ」 と、削減策ばかり大きくなり、政権や人事交代があろうとなかろうと足を引っぱるだけで、決め手となる代案も望めず、次第に実行力も失ってくる。
そんな繰り返しに辟易しながら、この先投票所に足を運ぶのも、国民が国民であるための耐久力。
「住みよい国を作りたい」 と、投じた票の真の行方はわからないから、政治の世界なんだとも思える。

個人的には、号泣・元県議 「野々村」 さんの、私人として今件の意見を聞いてみたいね。
ヘーイ ユー ミスター 野々村 カマーン !  ユー ガイズ パフォーマンス グレート !! 
なんちゅう、呼びかけであろうか…
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする