2014年10月05日

健康医学

「痛い日」 が続いた。

水曜の午後から、歯茎に違和感があり、歯科医へ行くが明日まで休診とのこと。
木曜の朝になると、痛みが増し腫れた上、首から肩にも痛みが広がり、風邪の諸症状にも似ていた。

まず、歯茎の痛みを緩和したいので、冷凍室から保冷剤を取り出し、熱を帯びている患部に充てる。
額に冷えピタを貼り、痛み止めの抗生物質を服用して、夕方の5時までは安静にしていた。

こういうときに思うのは、会社なら自分の代替は利くけど、個人事業主になると代わりがいないこと。
風邪などの感染症でなければ、店を開けるのが商いの信頼になる。
あらためて、「僕はこういう人生を選択した」 のだと実感した。

体調が芳しくないまま、金曜日の午前中は、年に一度の健康診断の日。
食欲不振に加えて検診のため、前日から何も食べてないので足どり弱いまま、集団検診でバリウムは飲むわ、内科医で血液は採るわ、小便は放水するわ、検便は提出するわ、歯科医へ飛び込むわ…

僕の 「不死鳥伝説」は、この日をもって返上した!
人に知られず、やせ我慢をしながら、店のカウンターに立ち続けていた3日間。
刻一刻、50歳を前に 歯 ・ 目 ・ 性器 の順に、衰えてくると聞いたことがある。

共感していただいた、同年代諸君。
哀しくも愛しくも、おたがいのために 「健康医学を楽しく語ろう」 ではないか。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする