2014年08月29日

柔道の革命児

現在、ロシアで開催中の 「世界柔道選手権2014」

開催2日目、男子66キロ級の日本代表 「海老沼 匠」が、切れ味抜群な内股で世界3連覇を決めた。
(2013年 8月29日 マイブログ 参照)

僕自身、新潟レベルながら、柔道を13年間現役でやっていたから、他のスポーツと比べると見方が    専門的になるし、少し感情も高ぶりやすくなる。
それはもう、自分の組み手から得意な技が決まる瞬間、思わずこちらの体も反応してしまう。

世界レベルにもなると作戦は作戦であれ、試合がどう進んで、どう決着がつくかは予想がつかない。
また、自分の中に秘められた想定外の力が瞬間に出てくることが、「現代柔道」の醍醐味である。

試合を見ていて、「あの体勢から、あの技を仕掛けてくるか」とか、「前襟から、あの大技に連動するか」
「どうして、そこで小外刈り、なぜ、そこで小外刈り」など、次々と口からひとりごとがついてくる。

連続技が多様化してたり、高度な技の攻防にも驚かせられるが、柔道は立技だけではない。
寝技や締技、関節技のような飛び道具も仕掛けられるから、油断もスキもない。

柔道の完成度は、高くなってきたと思える
つまり、予測できる柔道は柔道ではなくなってきているんだ。
柔道の発展ということで言えば、喜ばしいことであろう。

冒頭、海老沼の金メダルだけを見出しにつづったが、彼の攻撃柔道ぶりを見て、僕はそう感じたから    特筆しないわけにはいかない。

実戦した競技だからわかるあの凄さ…   おいおい、やっぱり、あいつ、  只者じゃないぜ!
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Sports Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする