2014年08月07日

熱帯深夜

連日のトロけてしまいそうな猛暑に、体力を奪われた人もいるだろう。

僕のような仕事は、「アフター5」より、「ビフォアー5」なので、公私の所用は昼過ぎからが多い。

真夏に過ごすコツは、ダラダラと時間を費やしていると、逆に夏バテしてしまうもの。
公私とも、時間内にビシッと終わらせて、心身をリフレッシュさせることが、一番の暑さ対策となる。

日中の最高気温に達した時間帯に外出する日もあるが、街中の日なたにはまあ人が少ないこと。
日影で休んでいる人もいるが、どこか目の焦点が虚ろな表情をしている。

猛暑を知るからこそ、いつもより保冷在庫の補充も多くなり、おしぼりも冷やしたものに変えた。
音楽もボサノバ、声量のないサラリとしたヴォーカル、軽妙で澄んだピアノタッチなど、少しでも涼を   感じてもらいたく、クールジャズをセレクトしている。

熱帯夜…  ジョージ・シアリングのピアノソロを聴いていたら、心のすきまにメロディーが合った。

曲は  I Didn't Know What Time It Was   〜    Misty
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする