2014年07月04日

インテリジェンス

あんなに生々しい大人の姿は、久し振りに見たね…

ビジネスの世界において、「会議で提案が却下されたので、部長が泣き止みません…」
そんな話は聞いたことないし、実際にあったとしたら、開いた口がふさがらないだろう。
でも、あれって、現実の記者会見なんだよね…

記者会見の場で、政務活動費の使途を追求された兵庫県の47歳の県議が絶叫するわ号泣するわで、いかに世間ズレしていたかわかったというもの。
それに記者会見の冒頭で、異例とも思える質問条件を突きつけていたあたり。
「感情的な質問に恐怖を感じたら、会見は即刻中止させていただきます」 だったっけ?
それって、「泣かさないでくださいね」ってことかい。

県議だけでなく、最近の市議や都議にしても同様なことがおきている。
どういうバックボーンで当選したのか、あらためて考え直す必要があるんじゃないか!
彼らは地域の弱者を救うため、未来永劫のための志を有権者に支持されて政治家になったはず。

僕ら民意は、「当選してあぐらをかけ」とは言っていない。
それがたとえ兵庫県の議員だろうが、対岸の火事であろうが、もしも新潟地域の税収で説明がつかないことをされていたら、新潟市民として憤りを感じるんであってさ…

このような使途不明金を出しておきながら、こういう釈明の仕方をする人は育ちに問題があったと思う。
文武両道とは言ったもんだが、試験に合格するための「文」だけで、「武」の社会経験に乏しいのである。
勉強でしか価値判断を見出せなく、「スポーツで負けて悔しかった」とか、「女の子にフラれて傷ついた」「友だちに裏切られた」 そんな経験が乏しいから、特殊な場面に出くわすと泣き叫ぶんだ。

それにケンカもしたことがないから、力の加減もわからないばかりか、仲直りの仕方も知らない。
泣けば許してもらえると思っているなら、おもちゃ屋の前で泣いている子どもと何ら変わりない。
そうだとしたら、不健康だよな。
 
机上で同胞としか群れず、価値観の違いを受け容れられないと、どうしても考えが凝り固まる。
つまり、泥だらけになるほど外で遊んだ経験がないから、融通の利かないまま成長したんだと思える。
だから差別意識を口にしたり、理想論ばかり言うことでしか、自分のアイデンティティーを保てないんだ。
僕はその意味で新潟の下町(しもまち)は、社会の縮図が散らばっていたような気がするんだよね。

あの記者会見を見て思ったよ。
最近のインテリジェンスの欠落ぶりは、あまりにもひどすぎる。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする