2014年05月05日

5月7日

2つに分散したGWも、残すところ今日を含めてあと2日。
2連休、努めて疲れを抜く日に充てようとは思っている。

5日 「こどもの日」は、どこの行楽地へ出かけても、まだ家族連れで賑わっていることだろう。
6日 「振替休日」は、街全体が脱力感におおわれているであろうか。

東京でリフレッシュも兼ねようとしたが、景気の回復を実感できないので、そうそう遠出もできない。
それに僕自身のGWは、社会が通常に稼動した月曜日から金曜日まで。
土曜日はTPOが休日モードだから、時の流れが緩やかに感じる日だ。

仕事帰りに立ち寄るビジネスマンやOLが、止まり木に着いた姿は何とも画になる。
男性は指一本分、ネクタイの結び目を緩めた格好で、ウイスキーを舌の上で転がしている。
女性は身じろぎせず、自然な笑顔といい発音で、ジンライムのオーダーを飛ばしてくる。
そこに気負いはなく、「今日の仕事が終わった」という、自身への安堵感に包まれている。

お客さん同士の会話次第によっては、気配を消さなければならないのも黒子たる役割。
初対面であれ、守秘な会話が続いたときは「お客さんが店を信用している」と判断するから、カウンターの外と内であっても、暗黙の信頼関係が生まれていたりするものだ。

シンプルに表現すれば、演じる側と見守る側になるが、僕とは一時の共犯関係にもなる。
したがって、店は客の仕事に断じて興味を示さないし、客も店の形態に干渉したりすることもない。
この時点で大人の距離が保たれており、その先の展開においては「磁石盤の間柄」になるときもある。
会計後、また明日から現実に立ち向かって、酒場を後にするお客さんの背中に視線を送るのも役割。

今なら、GWの天王山を前にした「M沢さん」の背中であり、平日には止まり木に腰かけているはずだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする