2014年02月08日

ウォシュレット

自宅のウォシュレットが、耐久年数を大幅に過ぎたので、この際新品に交換した。

手元の操作パネルを見ると、今度は何やら「マッサージ」なんてボタンがあるではないか。
「なんじゃらほい!」  いきなり手が出てきて、おけつをマッサージでもするんかいな…?
無防備な状態から、何がおきるのかわからないので、まだこわくてボタンを押せないでいる。

日本人はトイレ事情において潔癖らしい。
温風で乾かしたり、音消しのメロディーが鳴ったり、自動消臭だとか…
トイレットペーパーにも、多才な工夫がほどこされているほどだ。

昔は多くの家庭では、固く絞ったわら半紙のような紙質で拭いていたんだよな。
さすがに新聞紙はなかったけど、もっとさかのぼれば農耕民族なので、わらや野草で拭いてたんだから今はいい時代なんだよな。

小学生のころ、身体測定では全員が白いブリーフだった。
まあ一人ぐらいは、パンツにうんこをつけている男子もいたはずだ。
そうすると不名誉なあだ名をつけられるので、その日だけはいつもよりも気合を入れて拭くんだ。

今となれば学校帰りに「バッキュームカー」を見つけては、みんなでバカ騒ぎしていた光景が懐かしい。
あと数年もしたら、洗顔するような感覚でトイレがモニターつきとなり、自分のおけつを映し出しながら、 コンピューターで「ぎょう虫退治」する、スーパー便座になっているかも知れないね。

というわけで、マッサージつきの「変態便座」にまた10年以上世話となる… なんだろうこのボタン?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする