2014年02月03日

脱け殻

午後、寝覚めのシャワーを浴びてから、僕の一日がはじまる。

コーヒーを手元に、半開きのカーテンから、空を眺めることが日課である。
新聞でも読みたいが、着替えてポストに行くのも面倒なので、朝刊が夕刊になることも珍しくない。
起きてパソコンの電源は入れたくないし、しばらくは体の力を抜いて、無音状態で過ごしていたい。

今日(休日)は無気力だ。
いつもなら外出を気分転換にするはずなのに、どういうわけか出かけたいという欲求がわかない。
休日のわが家は台所休みなので、仕方なしにその日しのぎの食材を近所に買出しに出かけただけ。

妻は確定申告の用紙に付きっきりだし、その手伝いを買って出ようと思ってもガッツがわかない。
そんな折に着信メールを開くと、友人から夜の誘いかけだったが、めずらしく丁重に断ったほどだ。
何もする気はおきないが、閉店時間が迫る銭湯にはかけ込んだ。
余計に疲れが増したが、体の芯まで温まったので、ようやくビールの栓を開ける気にはなった。

まあ、振り返ると何かしているんだけど、脱け殻状態で行動しているような浮遊感なんだ。
それでも、今こうしてブログは書いてるんだし、会話も普段通りなんだから、筋書きのない休日とはいえ行動は習慣化しているのかも知れない。

一年に何度かある「脱け殻の休日」だが、健全な肉体の意志を尊重するのも悪くはない。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする