2014年01月21日

大寒の銭湯

20日、暦上「大寒」とされ、一年で最も冷え込む時季である。

この2年ほどで体質が変わり、手足が冷え性になってしまった。
それまでは体温が高く、手足はいつも温かかったのにだ。
それからというもの、銭湯では湯船のヘリに腰かけて、足湯をしてから湯に浸かるようになった。

7年前から、月に2回は銭湯へでかける習慣がついている。
昨晩(19日)も、他に誰もいないヘリに腰かけて、正面のタイル画を眺めながら足湯をしていた。
すると番台の女店主(老婆)が、後方の湯煙から現れ、「ここは熱いお湯が循環する場所だから、こっちに入ってください」とアドバイスされた。

僕なりの入浴順序もあるのだが、銭湯で一番偉いのは店主である。
銭湯のルールにおいては、知識を授けてくれる心強い存在なので、反発するなどめっそうもない。
それに男は老婆であろうがなかろうが、女に裸を見られたら服従するしかないのである。

そういえば、前回も足湯をしてたら湯煙から現れ、カラン(蛇口)の湯で体を温めてから、湯船に浸かると いいとアドバイスされた。
僕も今ではベテランの入浴客だと思うが、最近はダメ出しを喰らうようになってきた。
店主の前では、まだまだ「銭湯の奥儀」を学ばなくてはいけないようである。

秋にも、こんなことがあったなあ…
ヘリに腰かけて、タオルを太ももに広げて足湯をしていた。
すると目の前のボイラー室の扉が急に開き、店主から一言「タオルをお湯にいれないでくださいね」と。
その塩梅はわかっているが、そのときは前方から突然と姿を現したので驚いてしまった。

こう続くと、「もしかしてだけど…」と思ってしまう。
お笑いコンビ「どぶろっく」じゃないけど、「もしかしてだけど…  僕のおちんちんを見たいんじゃないの」とさえ思ってしまうし、それが相撲だったら、決まり手は「不浄負け」となる。
まあ、見せてもいいけど、ガッカリさせたくないしね…  (見せモンじゃねえし)

一年で最も冷え込む大寒だから、世の男は縮んでいるであろう?
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Shower Fan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする