2014年01月09日

Air Mail

数日前、海外生活に旅立った「NABE」から、今ブログにコメント(挨拶分)が寄せられていた。
書き出しは、「無事に到着しました…」とのこと。

あらためて、便利な時代に暮らしていることを実感した。
自身、海外旅行先から、日本へハガキを送ったこともあるが、今ではエアメールが懐かしくさえ思える。
タイミングによっては、ハガキよりも自分のほうが、早く帰国していることもあるからね。
まさに、「時は金なり」である。

遠くの記憶をたどれば、中学生のころに「ロードショー」とかいう、映画の月刊誌を購読していたのだが、
誌面には海外の映画女優のファンレターの宛先も公開されていた。
思春期の「もしかしたら…」の妄想は広がる。
「自筆の返事が届くかもしれないぞ」
「来日したら会えるかもしれないぞ」
「キスマークつきのポートレートが届くかもしれないぞ」
「夢の国際結婚もありうるぞ」
中学生の妄想は、なおも際限なく広がるが、そう考えるのも身近に小さな前例があってのこと。
実際、僕の同級生が当時のアイドル「桜田淳子」からファンレターの返事がきて、同封されていたのは「自筆のサイン入りの白いハンカチ」で、自慢こきやがっていたんだからね。
可能性はないとは言い切れないわけだ。

そこでまず、ファンレターの返事をしてくれそうな、海外の映画女優を思い浮かべてみた。
「がんばれベアーズ」の「ティタム・オニール」…  木で鼻を括って生意気にも透かすタイプだな。
「小さな恋のメロディ」の「トレーシー・ハイド」… 共演の「マーク・レスター」とできているかも。
「エマニエル夫人」の「シルビア・クリステル」… 変なところを膨らませ、変なこと考えていたかも。
学力の低い僕は、辞書片手にファンレターに挑むもの、所詮は「This is a Pen」である!
出さないというか、出せないエアメールとはこのこと。

時代を比べ、今はその気になれば誰とでもつながりをもてるんだから、まあすごい時代を生きている。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする