2013年12月11日

おぼろ豆腐

10日 ユニット名「のいひろし」さんから、名水栃尾の「おぼろ豆腐」を差し入れていただいた。
何でも、車で豆腐を買いに出かけたほどのこだわりようである。

豆腐には、和の精神がある。
献立次第では主役になれるが、脇役に本筋があると思える。
何色にもそまらない純白さ。
すぐに崩れてしまうもろさ。
箸を入れるときは、赤子の柔肌に触れるように、自然と指先が繊細になる。

食べなれた食卓の定番なんだけど、なかなか舌に記憶が残らないのも豆腐。
昔から一途で真面目だが、近年は脇役に徹するのに焦りを覚えたのか、豆腐が主張するようになった。
食品スーパーへ行くと、いろんな豆腐のパッケージを目にする。
「男前なんちゃら」 「風のジョニーどうたら」など、男ぶった商品名にしても豆腐は豆腐である。
マーケティングもわかるが、パッケージも中身も少し「あたりまえの豆腐」を食べたい。

風情ある和の精神に、愛想を振りまく風潮はあまり好きになれない。
単純に「美味ければ文句ないだろう」だが、ちょっと違うんだよな。
豆腐には、安易な流行や流通に乗らない、孤高さがあるんだ。

昭和の新潟下町(しもまち)では、夕方になるとラッパを吹きながら、行商してたおやじさんがいた。
朝早く起きて、あかぎれした手を冷たい水に浸し、夫婦でこしらえているような生活力を感じたんだ。
そんな手作りには最小限の薬味だけ使い、素材そのものを賞味するのが最良であろう。

「おぼろ豆腐」の外見は、「木綿豆腐」や「絹ごし豆腐」などの端正な形とは少し異なる。
その見た目は優等生でないが、中身(工程)の素朴さに、硬派な魅力を感じてしまう。
つまり、迎合しないパッケージこそ、豆腐として本来のかっこよさがあるのだ。
その味、口の中で広がる苦味に濃厚さがあり、薬味など必要ないのがおぼろ豆腐。
こういうのが、「本物志向」なんじゃないかと思うけどね。

のいひろしさん… 本日はごちそうさまでした。
次回は、ふわふわで少し甘味な「厚焼き玉子」の差し入れをお待ち申し上げます。 (笑)
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする