2013年11月10日

思い出話

それが本当かどうかはもう関係ない。

週末、高校時代の同級生二人が、長年の友人に連れられて、当店で30年ぶりに再会できた。
当然、「あのときはああだの」、「このときはこうだった」と免罪符な会話が飛び交う。
それは、あやふやな記憶がよみがえればいいだけで、いまさら話の真意は問うべきではない。

そんな、数ある笑いの中でずっこけたのは、僕と誰々ちゃんがつきあっていた噂を聞いたとき。
確かにその子は知ってたけど、同じクラスになったこともなければ、しゃべったことも一度もない。
しかも、噂のほとんどは「口止め」されてるから、本人の知らないところで語られていることもある。
僕に聞けばわかることでも、「ここだけの話」にされてるから、確かめようにも気が引けてしまうのだ。

しかし、30年間疑いもなく、今までそう思われていたことがすごいわけだ。
その後、ひとりひとりと話す機会もそうそうないわけだし。
そう考えれば、僕が誰々ちゃんとつきあっていた噂(デマ)は、彼以外の同級生の記憶の引き出しには  保管されているのかもね。

まあ、僕の知らないところで、生徒会の役員をやっていた才女と秘かに恋の噂になっていたなんて、   今思えば光栄なことであり、それが本当かどうかはもう関係ない。
それよりも、誰々ちゃんも「光栄だ」と思ってくれるかのほうが気になるところだ。 (笑)
この際、輪をかけて「デマの上塗り」でもしながら、楽しんでおけばよかったかな。

とりとめのない話を夜通し語るのは、懐かしい仲間と思い出話(酒)に限る。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Bar & Human | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする