2013年11月08日

立冬街角

新潟駅万代口を背にして、東大通の右歩道は左歩道に比べて通行量が少ない。

左の地域には商業施設が密集しており、道が緩やかにインコースよりになっているからであろう。
その分、東大通の右の歩道は優雅に歩けるから好きだ。
それにパナソニックビルあたりは空が抜けているし、銀杏並木にも季節を感じるからだろう。

これから枯葉が舞い散る頃だが、歩道の枯葉はそのままでいいぐらいだ。
次第に散りゆく枯葉を眺めてると、本格的な冬の到来を感じさせてくれる。

生活圏に四季を感じさせてくれる光景がある。
何も視覚だけではなく、聴覚や嗅覚にもある。
交差点のたい焼き屋さんの前をさしかかると、あの香ばしい匂いに秋冬を感じさせられる。

人が密集する場所の街あかりもいいが、自然な四季感覚に存在をささえられることもある。
人通りの少ない東大通の右歩道だから、季節の移り変わりを敏感にわかったりするものだ。

暦の上では「立冬」…  今夜は、肌寒いわけだ。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする