2013年10月06日

テレビ番組

この半年ほど、テレビ番組を予約録画して見るようになった。

20歳から15年間ほどは、ほとんどテレビを見てなかった。
途中、テレビを持たない生活を足かけ3年ほど経験している。
テレビを持ってもつけることなく、レンタルビデオを見るためのモニターでしかない。
毎晩、ゴールデンタイムは仕事の真っ最中だったし、番組を予約しても見る時間がない。
僕の部屋は休むための場所にしか過ぎなかった。

そのため「トレンディドラマ」や「芸能人」にも関心がなく、会社で「ねえ、あのドラマ見た…?」なんて会話すらしたことがない。
それに見たい番組がなかったし、日曜の午後に洗濯機を回している間だけ、何となくスポーツ中継を  眺めていた程度でしかない。
だから、テレビ番組の懐かしさは、「1985年」以前である。

20代、男飯をかきこんでいる年齢に「東京ラブストーリー」みたいな恋愛ドラマの一本でも見ていれば、青春が変わっていたのかな。
「冬のソナタ」も見たことはないし、とことん流行ドラマとは縁遠い生活をしていた。

それでも「ドキュメンタリー番組」は見てたけど、「ワイドショー」なんかに至っては、毎日よってたかってどうでもいいことをネタにする、過剰報道にバカバカしく感じたときもあった。
唯一、報道番組に期待を寄せても、カメラに本音を語る人は少ないし、身構えたコメントになるだろう。
スポンサーがつけば、なおさら言論が規制されるから、それなら「違う活字の世界」のほうがいいんじゃないかと思ったね。

小難しい話はこれぐらいにして、最近は「お笑い番組」を見て笑い転げているときが楽しい。
毒にも薬にもならない報道で、毎日しかめっ面しているよりも、「笑う門には福来り」で笑っていたほうが、同じ一日を過ごすにも楽しいでしょ。
基本は「コント」が大好きなんだけど、「食うためにはコレしかない」と自称する下ネタピン芸人、「ヲタル」「くまだまさし」のような連中のほうが、日本を救うんじゃないのかな。

ヨッシャー 「団地ともお」を見ようかな。
posted by GIG at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary & Social | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする